ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【AJ2015】“弱ペダ”総北キャスト勢揃い! 名シーンを振り返ったスペシャルステージ[オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


TVアニメ第2期も熱いクライマックスを迎えた『弱虫ペダル GRAND ROAD』。最終回直前の3月22日、アニメイベント『AnimeJapan2015』ではスペシャルステージ<ROAD.22.5「総北SPECIAL RIDE」>を開催。チーム総北キャストが勢揃いし、最終回に向け、思い出のシーンなどを振り返りました。

※すべての画像入りの記事はOtajoでご覧ください
http://otajo.jp/46440


写真右から金城真護役・安元洋貴さん、巻島裕介役・森久保祥太郎さん、小野田坂道役・山下大輔さん、今泉俊輔役・鳥海浩輔さん、鳴子章吉役・福島潤さん、田所迅役・伊藤健太郎さん。


インターハイでの名シーンをキャスト自らが選ぶコーナーで、田所の名シーンにあげられたのは、坂道と一緒に「恋のヒメヒメぺったんこ」を歌いながら巻き返していく場面。なんとVTRに合わせ、即興で山下さんと伊藤さんがワンフレーズ歌うサプライズに、お客さんも大興奮!
 

伊藤さんは息子さんとカラオケに行くと、「僕が坂道くんのところを歌うから、お父さんは田所のとろこね」と言われ、プライベートでも劇中さながらに歌っているというエピソードも明かしました。


そしてやはり巻島の名シーンは、「ここは大体“甚八ぃ!”と“巻ちゃーん!”と“っショ!”しかないから」と森久保さんが語った、東堂と山岳リザルトを争う場面。


金城の名シーンにはインハイ3日目、脚が限界になり、巻島や一年たちに後を託す場面をチョイス。このシーンについて「実は前向きに捉えている」と語った安元さん。「彼からすると、託すことができたからこそ、リタイアできたんじゃないかな。チームの成長を自分がリタイアするシーンで体感できた」と話しました。


また、先日ロードに久しぶりに乗ろうとしたら、鍵の4桁の暗証番号忘れてしまっていた、という森久保さん。「劇場版の頃までには4桁の暗証番号を思い出して乗りたい」のコメントに、笑いに包まれる会場。



その後、鳥海さんが「総北メンバーで自転車に乗っていないのは私だけかもしれないので、いよいよ自転車を買わなきゃいけないのかも」と話すも、「ただ、そのお金を下ろすための銀行口座の4桁の暗証番号が……」とオチをつけ、大爆笑となりました。

オリジナル劇場版 公開決定!


ステージではさらにスペシャル発表が! 初のオリジナル長編映画『劇場版 弱虫ペダル』が夏に公開決定! しかもシナリオは原作者・渡辺航先生描き下ろしの完全オリジナルストーリー。どんなストーリーになるのか気になりますが、キャストもまだ内容は知らないとのこと。


劇場版が決まったことがキャストに伝えられたのは、アフレコ現場。その場にいた総北以外の学校のキャストも含め、みんなで喜んだそうです。キャストからも愛されてやまない『弱虫ペダル』。オリジナルストーリーで駆け抜ける劇場版が本当に楽しみ! 続報を待て!

『劇場版 弱虫ペダル』2015年夏ロードショー 
http://yowapeda-movie.com/[リンク]
配給:東宝映像事業部

TVアニメ公式サイト:
http://yowapeda.com/[リンク]

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダルGR製作委員会

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP