体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歩くと「パオーン」「シュッシュッ」って音がなる!au未来研究所お散歩シューズ『FUMM』が楽しい

KDDIが「“スマホの次”を発明する」をテーマに、コミュニケーションの未来を創造することを目的に開設しているWEBサイト『au 未来研究所』。このたびここから、新しい『お散歩シューズ』が発表されました。……え? なんでシューズ? ちょっと面白そうだったので、発表会に行ってきましたよ。

【関連:にゃんと!阿澄佳奈ら人気声優CVの猫の『ヒューにゃんドラマ』が「狂気じみてる(褒め言葉)」と話題に】

発表会の集合写真

この新しいシューズの名前は『FUMM(フーム)』。
ニューバランスのライトウェイトトレーニングシューズ620のキッズ版、KV620をベースに加速度・気圧・カラー・感圧の各センサーを内蔵し、スマホとBluetoothで接続されるしくみ。これとアプリを連携させることで、歩いたりするとスマホに様々な反応が反映されるという訳。発表会にはKDDI宣伝部 担当部長の塚本陽一さん、ニューバランスジャパン ブランドコミュニケーションチーム ウェルネルカテゴリー リーダーの小沢真琴さんの他、原案・開発に携わったハッカソンのメンバー、ゲストの藤本美貴さんらが登場しました。

FUMM

一般から募集した、原案・開発を担当する「研究員」のハッカソンメンバーによると、アイデアの元になったのは「姉が子育てをしていて、外出する際に子供が抱っこをせがんで、なかなか自分の足で歩いてくれない。もし『歩くのが楽しい靴』があれば、喜んで歩いてくれるんじゃないか」ということだったそう。そこから、歩いたりすると様々なリアクションが返ってくるFUMMが誕生しました。

▼「FUMM」コンセプトムービー
https://www.youtube.com/watch?v=CnLuTXz_DDM

さて、実際のFUMM。一目で判るのはシューズの甲に白い大きな押しボタンのような突起。ここに加速度と気圧のセンサーが内蔵されています。中敷の下、つま先とかかとの部分には感圧センサー、ソール部分にはカラー判別のセンサーがあり、ソール部分のセンサーには照明用の白色LEDも入っています。

ソール部のカラーセンサー

感圧センサーは歩行に反応し、Bluetoothで接続されたスマホのアプリに反映されます。また、FUMMとスマホの間隔がBluetoothの通信範囲を超えるとアラートが鳴り、迷子の防止など、「子供の見守り」にも役立ちます。

▼動画
【ニコニコ動画】FUMMの実演
http://www.nicovideo.jp/watch/1427784245

 
ステージ上では、コンセプトムービーにも出演している阿由葉さら紗(あゆば・さらさ)ちゃんが、藤本美貴さんと一緒に実演してくれました。

藤本美貴さんと阿由葉さら紗ちゃん 「楽しい」という感想に思わず笑みが
1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy