ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

バッファローのNAS、DELA N1シリーズ、完全PCレスでOTOTOY購入楽曲の保存が可能に!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨年リリースされ、ハイレゾ・オーディオ機器として設計されたNAS(ネットワーク対応HDD)というコンセプトが話題となったバッファローのDELA N1シリーズ。

このたびリリースされたDELA N1シリーズ用の新ファーム・ウェア(Ver.2.00)によって、OTOTOYを含め、対応音楽配信サイトからハイレゾ音源を完全PCレスで直接N1シリーズへダウンロードする機能が追加された。こちらはバッファローとOTOTOYが開発し、2013年開催のDSD SHOPにて発表されたシステムが商品化されたものだ。

・PCレス、NASへのダウンロードの利便性

これまでOTOTOYで購入した楽曲をN1シリーズなどのNASへ転送するには、音源データを購入後、PCにダウンロード、その後、ネットワーク、またはUSBデバイスを介してNASに転送するなど一手間あった。
しかし、今後はN1シリーズに一発、OTOTOYなど対応配信サイトのアカウントを入力するだけ。あとはサイトでの購入時に、アカウントに紐付いた購入情報に沿って、NASとOTOTOYのサーバーがやりとり、音源を自動でダウンロードしてくれるのだ。もちろん設定で自動ダウンロードのオンオフはできる。

・例えばOTOTOYでは?

OTOTOYでは、出先でPCやタブレットのブラウザ上でDSD音源を購入すれば、すぐにOTOTOYアプリ上でストリーミングの圧縮音源で楽しめ、家に帰るとN1内にDSDがすでにダウンロードされているということになる。大容量のDSDデータでも転送作業のストレスなしにNASを介した自宅のシステムでハイレゾ視聴ができるというわけだ。

・オープンなシステムで広がる対応サイト

現在は対等は、OTOTOYと、ドイツのハイレゾ配信サイト、High Res Audio(https://www.highresaudio.com/)だけだが、他の音楽配信サイトへも仕様を開放し、対応サイトを順次に拡大予定!

・NASの使い道を広げるUSB DACのダイレクト接続

すでに以前のヴァージョンでも対応し、今回のファーム・ウェアのヴァージョンでさらに機能が改善されたUSB-DACとの接続環境。これまでNASといえば、ネットワーク・オーディオ機器とのセットでの運用が普通であったが、N1シリーズは対応するUSB-DAC単体や、USB-DAC機能を持ったアンプやCDプレイヤーと直接接続し、DSDなどハイレゾ音源の再生ができる(対応機種は下記公式ページにて要確認)。

N1シリーズはSSD搭載のフラッグシップ機、N1Z、HDDによるN1Aの2機種が販売されている。詳しい仕様は下記の公式ホームページにて。
(河村)

・DELAシリーズ・ホームページ
http://dela-audio.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP