ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シュールでかわいいフチ子が300体以上! 浦和パルコで5日まで開催中の「コップのフチ子展」に行ってきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 浦和パルコ1階のセンタースペース特設会場で「コップのフチ子展」が開催中だ。「コップのフチ子」とは、2012年に奇譚クラブと漫画家のタナカカツキ氏の手によって生まれた、OL風の女性の「フチ子」をコップのフチに座らせたりぶら下げたりして遊ぶカプセルトイ。フチ子で遊ぶ様子を写真に撮り、SNSにアップする遊びなどで話題になった、大ヒット商品である。
 そんなフチ子に会いに、浦和パルコへ行ってきた。入店すると、インフォメーションの前に巨大なフチ子を発見。入れ替わり立ち替わりで、多くの人がフチ子と写真撮影をしている。

 カップの中に入れるようになっているので、フチ子の気分を味わえそうだ。

 続いて、多くの人の目を引いていたのが、「シャンパンタワーのフチ子」。上から下までフチ子がびっしり! おまけにシャンパンタワー自体がゆっくりしたスピードで、くるくると回転していて高級感を醸し出している。このフチ子たち、スタッフによって手作業で一つ一つ設置されたという。


 「原画のフチ子」では、フチ子の原画も多く展示されている。ファンにとって貴重な原画を拝めるのはたまらないだろう。

 「歴代のフチ子」のコーナーでは、これまでに発売した総勢200体以上のフチ子が勢揃い。足を止めてじっくり見入っているお客さんも多数見受けられた。

 こちらは人気キャラクターたちとコラボしたフチ子。「ハローキティー」や「ふなっしー」、「魔法少女まどか☆マギカ」など、多くの人気者たちとコラボしている。

 今回の展示でうれしいのは、すべての展示物における写真撮影がOKとされている点だ。「フチ子さんは300体以上います。たくさん写真を撮って、ぜひSNSにアップしてください!」と、広報担当の小林さん。

 「メイキングのフチ子」では、フチ子がどのような過程を経て作られるのかを学べるので、子どもの知育にもぴったりだ。

 物販では、ここでしか買えないグッズを購入できる。一番人気の商品は「ハローキティー」とコラボしたフチ子。「ふなっしー」とコラボしたフチ子はすぐに完売してしまったという。

 クリアファイルやiPhoneケース、アンブレラボトル(水筒)も人気の商品だ。


 もちろんガチャガチャもある。会場での先行販売となるのは、グレープ色の「コップのフチ子2 グレープ」(各200円)。全7種類で、その中にシークレットも1種類入っている。
 
 老若男女問わず、気軽に展示を楽しめる「コップのフチ子展」。現在は春休み中のため、うれしそうにフチ子を見て回る小学生たちも多くいた。展示期間は4月5日(日)まで。10:00?21:00で入場は無料。シュールでかわいらしいフチ子に癒されに行ってみては。

■関連リンク
宇宙×寿司の謎すぎるコラボ
スーツケースが巨大な寿司に変身
「1人17役」の声真似が凄い

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。