ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フリーランスもクレカ作れる? アメックスがランサーズと業務提携

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ネットを通じて、フリーランスが仕事を受注できる時代になった。中でも利用者が増えているのが「クラウドソーシング」と呼ばれるサービスだ。企業や団体などが受注者を募り、個人に発注できる会員制プラットフォームである。

クラウドソーシング国内大手の「ランサーズ」は、アメリカン・エキスプレスと業務提携し、会員のフリーランスがクレジットカードを作りやすくするという。2015年3月26日放送のワールドビジネスサテライト(テレビ東京)が報じた。
1000万円売り上げてもカード作れない現状

フリーランスや個人事業主は、安定した収益を上げていても法人名義のクレジットカードが作成できないのが現状だ。個人名義では利用可能枠が十分ではなく、事業運営に支障が生じるという課題もあった。

番組は、ランサーズ主催の「Lancer of the Year 2015」の会場で、「地域を元気にするランサー賞」を受賞した伊藤貴之さんを取材した。野村総研を辞め岩手を拠点にスマホアプリを開発して7ヶ月の伊藤さんは、すでに1000万円を売り上げているものの、新しいクレジットカードを作ることができていない。

「カードが作れないってところは、(独立して)明らかに信用が落ちているなって」

現在は会社員時代に作ったクレカ4枚の合計利用額120万円でやりくりしているものの、急な出張などの高額な出費には対応できないという。
クラウドソーシングでの実績をカードの審査に反映

ランサーズに登録しているフリーランスは、50万人以上。アメックスは以前から個人事業者向けに「ビジネス・オーナー専用カード」を発行しているが、今回新たにランサーズでの実績をカードの審査に反映するようだ。

ランサーズの秋好陽介社長は、この提携について「個人がフリーランスや個人事業主になる数は増える。われわれのような個人の方を束ねるプラットフォームと組むニーズは増えていくのでは」と語った。

あわせて読みたい:定年したら農業をやってみる?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP