ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓国ドラマ『のだめカンタービレ』吹き替えにアニメキャスト関智一と川澄綾子決定!韓国オリジナルキャラクターに梶裕貴

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 二ノ宮知子さんのマンガ『のだめカンタービレ』(講談社「KC Kiss」)。日本ではドラマ・映画、アニメ化とされそれぞれ人気を博したが、2014年には韓国ドラマ版も制作された。

【関連:韓国版『のだめカンタービレ』のだめ役はシム・ウンギョンに決定】

 その韓国ドラマ版『のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ』の、日本7月1日発売となるセルBlu-ray&DVD収録の吹き替えキャストが発表された。

 のだめファンにはおなじみ、アニメ版『のだめカンタービレ』で、千秋真一&のだめの吹替えを演じた、関智一と川澄綾子がそれぞれアニメと同じ役を担当。

 さらに、韓国ドラマ版のオリジナルキャラクターで原作には登場しない、千秋真一の恋と音楽のライバル「イ・ユヌ」役の吹替えに梶裕貴が決定した。

 なお、Blu-ray&DVD発売に先駆け5月29日東京・渋谷公会堂で、チュウォン、シム・ウンギョン出演してのリリース記念イベントが開催される。チケットはBlu-ray BOX1、DVD-BOX1(各18,000円税抜/初回限定版)のいずれかがついて、15,000円(税込)。Blu-ray&DVDは会場でプレゼントされる。

【関智一/チャ・ユジン役(千秋真一)】
日本のドラマもよくできていましたが、韓国ドラマも原作のイメージにすごく近くて、感服しました。千秋(ユジン)は絵の雰囲気に似ていますよね。まったく違和感がありませんでした。オリジナルキャラクターのユヌ君の登場に合わせて、千秋がのだめに対して心を早めに寄せていく印象を受けました。彼らの成長に繋がっていたりするので、上手なふくらませ方だなと思いました。韓国版も日本版も原作にも通じる好きなシーンの1 つは、千秋がシュトレーゼマンと共演し終わって、楽屋で話しているシーンです。韓国版も素敵でした。素直じゃない二人が、一緒に演じたことで少し素直な部分を見せ合い師弟の気持ちが通じ合う感じが好きですね。

【川澄綾子/ソル・ネイル役(野田恵)】
形は違えど、またのだめ(ネイル)を演じられるということがうれしかったです。最初に方向性が決まるまでは「どうしようかな」と思ったんですけど、「アニメ版そのままやっていいよ」とおっしゃっていただけたので、そこから先は思う通りに進みました。隣で関さんの声が聞こえるだけでも安心感があって、それだけで私ものだめの世界に入れます。この作品はアニメとドラマが融合している感じになっているので、アニメをみていただいた方は、吹き替え版はアニメのように見られると思います。それは吹き替えだからできることなので、一粒で二度おいしい作品です。そのフュージョンを楽しんでいただければと思います。

【梶裕貴/イ・ユヌ役(オリジナルキャラクター)】
イ・ユヌは、チェロの演奏家。そしてユジンの恋敵としてのだめを好きになるという役です。本作では彼の存在が物語を大きく動かしていきます。
オリジナルキャラクターですので原作ファンの方には、プラスアルファの部分も含め、新しいドラマとして楽しんで頂けると思います。また本作は「のだめ」の持っている良さを改めて理解していただける作品にもなっていると思うので、初めて触れる方をはじめ、多くの方に楽しんで頂けると思います。是非ご覧ください。

(c)二ノ宮知子/講談社 (c)2014 Group8 & SPO All Rights Reserved.

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP