ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

異常がないのに胃が辛い もたれ感を改善する方法を医師解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 異動・転勤が多い春は気をつかうことが多く、ストレスもたまりがち。1都3県の上場企業に勤務する男女800人を対象としたアンケート調査で「ストレスがある」と答えた人は674名。そのうち約6割が「胃が痛くなる」(25.7%)「下痢がちになる」(14.5%)「胃にガスがたまりやすくなる」(14.4%)などトラブルを抱えていると分かった(2015年ヤクルト調べ)。この胃腸トラブル、病院へ行っても解決できない経験をした人も多いのではないだろうか。

 それというのも、検査をしても炎症や潰瘍などの原因が見つからず、辛いのに打つ手がないことが多かったからだ。ところが2013年、そんな胃の症状が「機能性ディスペプシア」という保険病名を獲得。治療したくてもできなかったジレンマは解消されつつあると、東邦大学医療センター・大森病院総合診療科の瓜田純久教授は話す。

「機能性ディスペプシアとは、症状の原因となる異常が見つからないのに、胃の痛みや胃もたれなどの辛い症状が慢性的に続く状態です。患者数は1500~3000万人とも推計されています。おもな症状に、『食後のもたれ感』、『食事を始めてすぐに胃が一杯になる感じ』や、みぞおちの痛み、焼けるような感じがあります。こうした症状はQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の低下につながりますから、積極的に治療ができるようになったのは、喜ばしいことと考えています」

 しかしその一方で、治療をする上での悩みもある。

「2014年に、機能性ディスペプシアの治療ガイドラインができました。しかし、もともと器質的な異常の見られない病気ですし、慢性的に症状が続くことも多々あります。患者さんの負担を軽減するためにも、さらに医療費の増大を抑えるためにも、できる限り薬を使わず、安全性の高い食品で症状を改善することができれば、というのが臨床医としての願いでした」(同前)

 そこで瓜田教授らは、善玉菌として知られるビフィズス菌のうち、「B.ビフィダム Y株」を使っての研究を始めた。

 そもそもビフィズス菌とは、ヒトの腸内に棲む善玉菌のうちの大半を占める菌。B.ビフィダム Y株はそのビフィズス菌の一種で、胃の細胞や粘膜に張りつく力が強いのが最大の特徴。その能力を生かして胃に刺激を与えたり、粘液の産出量を増やしたりして、胃の不快な症状を和らげるのではないかと考えられている。

「今回の研究には、平均3つ以上の医療機関を受診しているにもかかわらず症状がなくならない人、つまり難治性の消化器症状に悩んでいる人に協力してもらいました。

 こうした患者37名に、『B.ビフィダム Y株』を含む乳酸菌飲料を毎日100mlずつ4週間にわたって飲んでもらったところ、胃もたれ症状が改善しました。しかも、飲み終わって4週間後にも、もたれ感は改善されたままでした」(同前)

 研究では、心理的な症状やストレスマーカーも測定した。

「その結果、心理的な状態としては、イライラ感が減り、飲用中は活気が出てきました。また、ストレスが軽減したという結果が示唆されています。これまで複数の病因を受診しても治らなかった症状が、食品によってこれだけ改善されたことは大いに意味があると考えています」(同前)

 ビジネスパーソンには、胃の悩みがつきもの――とあきらめないで、身近な食品で手軽に胃のケア、というのが今時の心得かもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
食後の胃のもたれは“機能性ディスペプシア”の可能性もあり
50代以上の70~80%が感染しているピロリ菌 胃がんリスクも
ピロリ菌減少の欧米では胃がんも減少 日本も若い世代で激減

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP