ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「コレステロールは高すぎより低すぎが危険」と仏心臓病権威

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 本誌は4号連続で日本の臨床医の学会が設定するコレステロール摂取制限や基準値の科学的根拠が曖昧であることを指摘し、大きな反響を呼んでいる。他メディアも恐る恐る後追い報道を始めている。今回、海外の権威の見解を取材すると、改めて「日本の常識が世界の非常識」であることが浮かび上がった。

 フランス国立科学研究センター正規研究員で、欧州心臓病学会のメンバーを務めるミッシェル・ド・ロルジュリル氏(フランス・グルノーブル第一大学医学部心臓栄養部長)はこう語った。

「コレステロールは長く病気の原因だと責任をなすりつけられてきた存在ですが、現在では(心血管疾患などの)病気とは関連がないと考えられています。むしろコレステロールは高すぎることよりも、低すぎる方がより危険なのです」

 本誌は日本人を対象とした大規模調査で、コレステロール値が低い方が総死亡率は高いことを報じてきたが、欧州の専門家も同じ認識を持っていた。

 日本では動脈硬化学会のガイドラインにより、厳しいコレステロールの摂取制限(1日200㎎未満)が設けられ、健康診断で使われる血中コレステロールの診断基準値(LDLが140mg/dl以上は病気、120mg/dl以上は指導対象)も厳しい数字が設定されてきた。

 基準値についてロルジュリル氏はこう断言した。

「摂取制限に関しては、具体的な数値を挙げるに足る科学的根拠はありません。日本の血中LDLの基準値についても、正確なエビデンスに基づくものとはいえない」

 同氏が強調するのは「コレステロールの値を××にすれば健康になる」という日本では“常識”とされてきた発想そのものが間違っているという点だ。

「体質や環境は人によって大きく異なります。コレステロール値が高すぎて危険な場合もありますが、その場合も問題はコレステロールそのものではなく、生活習慣にあります。生活スタイルの改善こそが必要なことであり、コレステロールの数値だけを見ても意味はありません」

 ロルジュリル氏はコレステロール関連の著書が複数あり、その中では「喫煙や運動不足がコレステロール値を高めるケースはある。そうした場合、生活習慣をそのままにして薬剤で数値を下げても、疾患の原因が取り除かれていないので何の意味もない」と指摘している。数値によって“健康”と“病気”の境目をはっきり決める日本の診断に対する痛烈な批判といえる。

 米国でも2013年に専門学会の治療ガイドラインからコレステロールの治療目標値が撤廃された。数値にこだわる日本と米欧の違いは明らかだ。

「数値を下げる」ことが重視されれば、結果として利益を得るのはコレステロール低下剤を販売する製薬企業だ。低下剤の市場規模は約3800億円に及ぶ。本誌は日本の厳しい基準値を設定したガイドライン作成委員が、製薬企業から資金提供を受けていたこと、米欧では薬剤の臨床試験やガイドライン作りにあたって製薬企業から研究費を受け取った専門家を外すのが常識になりつつあることも報じた。ロルジュリル氏はこう警告する。

「独立した専門家であることと、企業から資金を受け取ることは両立しません。どの国であっても『公式』『ガイドライン』と名のつくものの作成に携わる専門家は製薬企業から完全に独立した存在であるべきだと思います」

※週刊ポスト2015年4月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「70歳超のコレステロールは下げてはいけない」と米医療協会
コレステロールや中性脂肪の基準値 欧米より桁違いに厳しい
コレステロール値がかなり高くても健康に問題はないとの新説

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP