ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甲子園常連の宗教学校・天理 少数精鋭も特待生は受け入れず

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 センバツの開幕直前、昨秋の近畿大会を制した優勝候補・天理高校野球部は雨がしんしんと降り注ぐ中、学校が所有する親里野球場で練習を行なっていた。

 午後2時。球場内にサイレンが鳴り響く。キャッチボール中のナインは、キャプテンの合図で練習を中断し、全員が同じタイミングで「4拍手1礼」の所作をした。そしてサイレンが鳴り止むまで、黙祷をしながら、同じ方向に向かって深々とお辞儀をしていた。

 天理高校の部員は母体である宗教法人天理教の信者であり、練習中でも宗教的儀式を欠かすことはない。天理教の教えを説いて回る教人のひとりはいう。

「天理教では中山みき教祖が1887年に現世での姿を隠されたとされる午後2時に、教祖殿に向かって拝礼するのが慣習です。天理の教えでは今も教祖は教祖殿に存命とされていて、毎日三度の食事を出し、着替えやお風呂も準備されます」

 今年、100周年を迎えた高校野球の歴史には、とりわけ新宗教を母体とする私立高校が色濃く足跡を刻んできた。

 春夏通算7度の全国制覇を達成したパーフェクトリバティー(PL)教団を母体とするPL学園(大阪)や、辯天宗が母体で歴代最多勝監督の高嶋仁が率いる智弁和歌山が代表的な存在だ。創価高校や関西創価、金光大阪も、常連校ではないものの甲子園経験を持つ。

 そうした宗教学校の先駆けとして甲子園にその名を響かせたのが奈良の天理高校だ。

 江戸末期に誕生した天理教は関西地方を中心に広がった新宗教である。野球部の活動は前身の天理教校の創設時(1900年)から続いてきた。1954年春の初出場を皮切りに、通算49回の出場で春1回、夏2回の優勝実績を誇る。

 同校野球部は、部員が寮生活を送り、一学年20人の少数精鋭制を敷く。特待生は受け入れず、積極的なスカウト活動も行なっていない。部長の齊藤元康はいう。

「20人の2~3割ほど、天理教の信者さんのお子さんたちを受け入れます。入部を希望する生徒も、一般の受験生と同じように試験を受けなければなりません。野球部だからといって特別な待遇を受けることはありませんし、野球部の活動もあくまで教育の一環です」

 それでも紫の野球帽を被り、大きな「天理」の二文字の入ったユニフォームを着て甲子園を目指したいという関西圏の有望選手は多い。彼らのほとんどは信者ではなく、入学の際に入信が義務づけられる。

「寮では教会長さんに講話をしていただくこともありますし、部員で参拝に行ったり、2時のサイレンで拝礼したり、日々の生活の中で神様に触れることで、“困った時の神頼み”じゃないですけど試合中もよりどころができる。それが強みではあると思います」(同前)

 野球部は「天理スポーツの三男」と呼ばれている。長男は五輪3連覇を達成した野村忠宏を生んだ柔道部であり、次男はラグビー部。いずれの部活動も全国大会の常連である。

 現在の野球部は夏の甲子園を2度制した時(1986年、1990年)の監督である橋本武徳が自身3度目の指揮を執り、元プロ野球選手のOBらがコーチを務める。

 橋本は天理教教会本部職員である。信仰心も篤い。そういう人材が指揮官を務めれば一般信者のサポートも得やすいだろう。

●柳川悠二(ノンフィクションライター)と本誌取材班 (文中敬称略)

※週刊ポスト2015年4月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
老舗の新宗教団体 天理教の歳入はバブル期から約50億円減少
PL野球部「清原監督でも教団は了承しないだろう」と部員の父
PL、天理、創価 新宗教母体の私立高校野球部はなぜ強いのか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。