ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽の街・ナッシュビルに“体験型ギャラリー”オープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 【グラミー賞】の歴史と受賞者を扱った音楽博物館“グラミー・ミュージアム”がこの夏、音楽作りにおける芸術とテクノロジーを見学者が没入型体験できるギャラリーを、音楽の街“ナッシュビル”にオープンさせる。

 ナッシュビル市長のカール・ディーンは先週、同グラミー・ギャラリーが市立公会堂にあるMusicians Hall of Fame and Museum内にて、7,000平方フィート(約650平方メートル)以上の敷地に建てられることを発表した。8月にオープンする予定だという。

 ロサンゼルス、L.A.ライブ内にあり、音楽の文化的歴史と【グラミー賞】をたたえるグラミー・ミュージアムのギャラリーをナッシュビルに持っていく形だ。

 なお、メトロ・ナッシュビル市議会は100万ドル(約1億2,000万円)の資金提供を承認しなければならない。さらに個人の資金提供者で50万から100万ドル(約6,000万~1億2,000万円)を集める必要があるという。

関連記事リンク(外部サイト)

スクエアプッシャー 来日間近!最新オーディオ・ヴィジュアル・パフォーマンスの映像が遂に解禁
フィフス・ハーモニーが子供たちの“お気に入り新人アーティスト”に
デスティニーズ・チャイルドが再結成! 【Stellar Awards】にて

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。