ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明るい未来が下水道から見えてくる 下水道の深淵なる世界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 知る人ぞ知る専門誌・業界誌の世界──。今回紹介するのは、下水道の専門誌『月刊下水道』です。

【『月刊下水道』】
創刊:1978年 月刊誌:毎月15日発売 部数:1万2000部 読者層:中央官庁、地方自治体、公団・事業団、関係団体、研究所の職員。設計・コンサルタント、建設会社、機械・装備メーカーの社員など。 定価:1620円 購入方法:大手書店や政府刊行物サービスセンターで販売。発行元の「環境新聞社」まで直接注文も

 私たちがふだん目に触れる物にも、興味深いものが隠されていると、編集長の阿部恭二さん(57才)は語る。

「全国に約1400万個あるマンホールは、地域ごとなどにさまざまなデザインが施されていて、それを写真に撮る愛好家も少なくありません」(阿部さん・以下「」内同)

  そうした人たちが集まって、マンホールについて熱く語り合う「マンホールサミット」が昨年から始まったという。しかし阿部さんのイチオシは、なんといっても「下水道の見学会」だ。

「地上とは別世界。こういう世界が地下に広がっているのかと驚くはずです。地方公共団体では、新しく整備した下水道管の見学会をよく行っていて、予約なしで見られる施設もあります。インターネットなどで“下水道見学会”と入力して調べてみてください」

 未来系の下水道も、次々に作られている。

「神戸では、汚水処理の後に残った汚泥を消化タンクに入れ、微生物を使って有機物をメタンガスに変えています。そのガスを精製したものが、市バスなど天然ガス車の燃料になっているんですよ」

 さらに、日本一高い大阪市の“あべのハルカス”では、超高層ビルでは初めて、ビル内から出た生ゴミや厨房排水処理からガスを発生させ、下水処理と発電をビル内でしているのだそう。

 明るい日本の未来が、下水道から見えてくるようではないか。  

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
原発汚染水処理を低コストかつ迅速に実現可能な日本企業の名
仏・アレバ社 原発汚染水処理費用に1トン2億円を提示
避難所 下水詰まるためカップラーメンの汁飲み干す必要性

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP