ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

戸建て賃貸で、夢のマイホーム気分を味わおう!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今度、家を建てるんだ」。こんな友人や同僚の言葉に、なぜかドキッとしたことはないだろうか? 賃貸生活が長引いてくると、どこか憧れる夢の一戸建て暮らし。ならば、戸建てに賃貸で住んでみるという手はどうだろうか?

「庭付き一戸建てに住む」ことは、高いハードルではない

「機会があれば住んでみたい」という人も多い戸建て住宅。今回は戸建て賃貸に住んでいる、もしくは住んでいたことがある人に、その魅力と住むうえでの注意点を聞いてみた。「戸建て賃貸」の魅力とは?

共通していたのは、「騒音を気にせず、家事や育児ができる」「自転車やバイクが庭に止められる」「マンションなどの集合住宅に比べ、専有面積が広い」という意見だ。

「自営業なので、仕事場と居住空間を分けたくて部屋数が多い戸建てを選びました。2階を仕事場、1回を居住空間と完全に分けているので、かなり効率が良いです。ご近所付き合いをしていると、玄関に野菜を置いていってくれる人がいますね。広さがファミリーサイズなので、掃除は大変だけど収納はたっぷり。私は一人暮らしですが、二人以上でシェアするなら、金銭的にはかなりお得だと思います」(30代女性・戸建て賃貸歴2年)

「引越しを考えていた時、不動産屋にたまたま紹介されたのが戸建て賃貸を借りたきっかけ。子どもがまだ小さく男の子だったので、集合住宅だと近所迷惑が気になったため。子どもを叱っている時の声や、夜に回す洗濯機の音など、周囲への騒音を気にしないでいいのは、ありがたい」(40代女性・戸建て賃貸歴7年)

築年数が古い物件が多いせいか、マンションなどに比べても家賃はそれほど変わらないよう。むしろなかには、管理費がタダで、駐車場代も込み。さらに庭などの居住空間以外の占有スペースが増えるなど、トータルでは「お得」な物件も多いようだ「戸建て賃貸」ならではの悩みとは?

悩みやトラブルは、物件によるが、共通していたのは、「広い分、掃除が大変。庭に草がぼーぼー生えるが、草むしりする気になれない」「古い物件なので、いろんな虫が出る」などの声だった。なかには、「ゴミ捨て場まで数十歩ほど歩く必要があるのが盲点だった」「いろんな虫には慣れたが、塀の上にハクビシン※がいたときには驚いた」という声も。

「ご近所づきあいが面倒なのでは?」と疑問だったが、今回聞いた中ではむしろ「近所付き合いがある」ことへの安心感の方が強いようだ。

※ハクビシン
食肉目ジャコウネコ科。東南アジア、台湾などに多く、外来種とされる。戦時中、毛皮用に持ち込まれた。江戸時代にいたという記録もある。体長1メートルほどで、額から鼻にかけて白い筋が入っている。ほぼ全国に生息。狩猟や有害鳥獣による捕獲数は増加傾向にある。戸建て賃貸、最大の難点は……?

「戸建て賃貸も良さそう」と感じた人もいるかと思うが、問題は供給の絶対量が少ないことだ。事前に、住みたい地域の「相場観」を身につけ、気になる案件が出たときは、できるだけ早めに動く方がよいだろう。

賃貸生活は、そのときどきのライフスタイルに合わせて、居住空間を選べるのが最大のメリット。アパート・マンション暮らしが続いているなら、たまには戸建ての生活を味わってみるのはいかがだろうか?

(たままい。+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP