ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10種類の薬味で食べ比べ!蕎麦の風味を堪能できる店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月28日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、毎週土曜午前9時25分)では、「東京大都会に春風の舞い!! 東西線の旅」と題して、俳優の石丸謙二郎さんが、「手打ちそば 深川 萬寿庵」(東京都江東区)を訪れた。

 同店は、4年前に門前仲町にオープンした蕎麦屋。店の入り口にあるのは、一味から十味までの薬味。蕎麦の風味をもっと楽しんで欲しいと種類を増やしたのだそうだ。ゆずの皮入りで柑橘系の「三味」は「かけそば」(780円 税込み)に、インド料理のスパイス、ガラムマサラが入った「九味」は「カレーせいろ」(1140円 税込み)が合うという。おすすめは「季節のバラ天せいろ」(1550円 税込み)、冷たいそばと季節ごとの野菜とエビの天ぷらが味わえる。

 玄米茶、抹茶、などが入った「六味」をかけて食べた石丸さんは「蕎麦は蕎麦なんだけど、香りが強烈! 時間が経つと気持ちが良くなってくる」と語った。続いて石丸さんは、コリアンダー、クミン、カイエンペッパーなどが入った「八味」を「あらま、あらま! 蕎麦が日本を飛び出して中近東に旅行していますよ!」と表現。薬味をそのまま舐め、「あまりぴりっとしないな、蕎麦でたべるから香辛料の香りが引き立つんだ」とコメントした。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:手打ちそば 深川 萬寿庵(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:門前仲町のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:門前仲町×和食のお店一覧
ウチくる一行も大満足! 愛媛から毎日届く新鮮な魚を使った料理が自慢の店
新世界で70年間も伝統の味を守り抜いてきた老舗洋食屋の名物「へレカツカレー煮込み」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP