体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

どこが一番お得? 格安SIM 春の増量まつり

どこが一番お得? 格安SIM 春の増量まつり格安SIMサービスを提供する各社はこの2015年4月1日から一斉に料金プランを改定し、高速データ通信の容量増加を実施します。

改定を実施する格安SIM業者のうち、IIJmio、hi-ho、OCN モバイル ONE、NifMo、楽天モバイル、U-mobile、BIGLOBE、ワイヤレスゲート、So-netの旧プランと新プランを比較してみました。
IIJmio /IIJ株式会社

どこが一番お得? 格安SIM 春の増量まつり

容量2GB→3GB4GB→5GB7GB→10GB

データ専用

972円 1,641円 2,764円

データ+音声

1,728円 2,397円 3,520円

MVNO各社のデータ通信増量まつりの発端となったのはIIJmioのデータ通信を増量すると、IIJが発表したのを受けてのこと。IIJはデータ通信の増量だけでなく、通話でも半額となるサービスを打ち出すなど、とっても攻めているという印象です。

hi-ho LTE typeD / ハイホー株式会社

どこが一番お得? 格安SIM 春の増量まつり

容量2GB→3GB2GB→3GB(アソート)7GB→10GB
データ専用 1,008円 1,522円 3,066円
データ+音声 1,764円 2,278円 3,822円

※hi-ho LTE typeDはミニマムスタートプラン。そのほかの1年パック割やアソートとは料金が異なります。

IIJの子会社であるハイホー株式会社も、IIJの増量を受けて、同社のhi-ho LTE typeDシリーズのデータ通信増量を発表しました。既定路線ではあるものの、即時に対応したことで、同社のサービス利用するユーザーも安心したのではないでしょうか。

OCN モバイル ONE/NTTコミュニケーションズ株式会社

どこが一番お得? 格安SIM 春の増量まつり

容量70MB/日→110MB/日100MB/日→170MB/日2GB/月→3GB/月4GB/月→ 5GB/月7GB/月→15GB/月(500kbps)
データ専用 972円 1,490円 1,188円 1,566円 1,944円
データ+音声 1,728円 2,246円 1,944円 2,322円 2,700円

※OCN モバイル ONEの15GBは速度が最大500kbps。

IIJと並び、MVNO業界を牽引しているNTTコミュニケーションズのOCN モバイル ONEも増量を発表しました。一番安い110MB/日のプランを30日換算すると、3.3GBものデータ通信を使用することが可能。一日あたりの制限はありますが、とってもお得なプランと言えますね。
また、通信速度が500kbpsという固定ながら7GBという大容量のデータ通信を使えるプランも2倍以上のデータ通信量15GBまでの通信が可能に。「スピードはそこまでいらなから、データ通信を沢山使いたい!」という人にはとっても魅力的ではないでしょうか。

NifMo/ニフティ株式会社

どこが一番お得? 格安SIM 春の増量まつり

容量2GB→3GB4GB→5GB7GB→10GB
データ専用 972円 1,728円 3,024円
データ+音声 1,728円 2,484円 3,780円

ニフティが提供する「NifMo」も、増量しました!価格も抑えられているのが特徴。ニフティに限ったことではありませんが、自宅に光回線を引くことでさらに月額料金を抑えるサービスを各社用意しているので、SIM単体の料金に加え、付随したサービスにも注目したいところ。

楽天モバイル/フュージョン・コミュニケーションズ株式会社

どこが一番お得? 格安SIM 春の増量まつり
1 2 3次のページ
デジタル・IT
SIM通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。