ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

十勝産小豆の旨みとコクをいかした「超低糖粒あん」をブリオッシュ生地で包んだ、プレミアムなあんぱん登場。

DATE:
  • ガジェット通信を≫


株式会社阪急阪神レストランズは、2015年4月1日(水)よりベーカリーカフェFREDS CAFE 10店舗にて、開業20周年を記念し開発した「プレミアム粒あんぱん」(1個 180円)を発売する。

「プレミアム粒あんぱん」は、「もうひと口食べたくなる」をコンセプトに開発されたあんぱんだ。

あんぱんの主役とも言える「あん」は、北海道十勝産小豆を使用し、小豆の旨み、コクを最大限に活かすため、砂糖の使用量を抑えた超低糖粒あん(糖度42度)をたっぷり包みふんわりと焼き上げた。

パン生地には、卵や油脂の風味がしっかり感じられるブリオッシュ生地を使用することで、深い味わいの粒あんぱんに仕上がっている。

甘さ控えめの「プレミアム粒あんぱん」は、糖分を気にしすぎずに美味しく食べられるところがお勧め。

菓子パンの定番であるあんぱんは、生地や「あん」によってそれぞれに味が異なる。
コーヒーや紅茶、日本茶、または牛乳など、何にでも合いそうな、甘さ控えめの「プレミアム粒あんぱん」をぜひお試しあれ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP