ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“滑舌悪い芸人”諸見里大介さんがYouTuberに オムライスをつくるだけで笑えるってズルいだろ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


“滑舌悪い芸人”として有名な、お笑いコンビ・ハムの諸見里大介(もろみ~)さんがYouTuberに挑戦。スマホアプリやウェブサービスのサイドメニュー『Syn.menu』を活用して見つけた話題の中から、もろみ~が気になった内容にさまざまチャレンジする様子を『YouTube』で公開しています。

「みなしゃん、こんばんは。YouTuberのもろみ~でしゅ」と冒頭の挨拶をするもろみ~。見た目やキャラクターのインパクトが重要なYouTuberとして、彼は優れた才能の持ち主と言えるでしょう。


今回もろみ~が挑戦するのは、『はてなブックマーク』で話題になっている“2分でオムライスをつくってみた”

「ちょっと難しいと思うんでしゅけど……」と弱気になりながらも、成功のためのコツを記事でチェックします。もろみ~の分析によると、ポイントは次の通り。

ポイント1「玉ねぎはレンジをちゅかって熱しゅる」
ポイント2「たまごはとにかく早くかき回しゅ」
ポイント3「フライパンは2ちゅちゅかう」


「やってやりましゅよ!!」とやる気満々のもろみ~。果たしてタイムアタッククッキングは成功するのでしょうか。


スタートと同時に慌ただしくフライパンに火をつけるもろみ~。フライパンを温めている間に「玉ねぎ切りましゅ」となかなかの手際で包丁さばきもお見事。


そのまま玉ねぎをレンジでチンして、ここまでは順調の滑り出し……と思いきや、なんとフライパンに油をしき忘れていたもろみ~。「あしぇるな、あしぇるな」と自分を落ち着かせます。


「じぇんじぇんフライパン温まってない(笑)」と若干パニックになりつつも、ライスをケチャップで炒め、同時進行でたまごを別のフライパンに投入。この時点ですでに1分が経過し、ますます焦り出すもろみ~。その後はチンした玉ねぎをフライパンに加え、塩コショウで味を調えていきます。


残り30秒となったあたりで、「じぇんじぇん大丈夫じゃん!」と余裕の表情も見えてきたもろみ~。なんとか皿に盛りつけたところで残り時間は10秒。ケチャップのキャップが開かないトラブルも乗り越えて……


見事に2分以内でオムライスが完成。本人による試食では、「めちゃくちゃ美味しいでしゅよ、これ!」と味についても大満足の様子。ただオムライスをつくっているだけの動画なのですが、なぜか最後までまるっと鑑賞してしまいました。これももろみ~の話術(?)による効果でしょうか。

ユーチューバー諸見里「2分オムライスに挑戦」篇(YouTube)
https://youtu.be/4BeefM9BKDw

ちなみに今回ご紹介した動画のほかにも、もろみ~が“滑舌が良くなる方法を試してみた”“本気でニュースキャスターに挑戦”などの動画も公開されています。

「滑舌が良くなる方法を試してみた」篇:
https://youtu.be/pE0aD2Ihrqc[リンク]
「本気でニュースキャスターに挑戦」篇:
https://youtu.be/z_YD4s3Z5Jw[リンク]

こちらももろみ~の独特な滑舌を活かした企画となっているので、あわしぇてチェックしてみてくだしゃい!

Syn.公式サイト
http://www.syndot.jp/

カテゴリー : 動画 タグ :
よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP