ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「DuoPad」で、普通のPCディスプレイでもタッチスクリーンが使える!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

タブレットやスマートフォンでおなじみの“タッチスクリーン”。「この機能が、普段使っているパソコンでも使えたら便利なのに……」と思ったことはないだろうか。

・Indiegogoでキャンペーンを開催中

現在、資金調達プラットフォームIndiegogoでキャンペーンを実施し、資金集めをおこなっている「DuoPad」は、そんな願いをかなえてくれるツールだ。タッチスクリーンがないディスプレイに、タッチスクリーン的な機能をもたせられるという。

・トラックパッド上の動きをカメラがキャッチ

「DuoPad」はトラックパッドのデバイスで、コンピューターとプラグで接続する。トラックパッドの上部にはカメラが配置されており、トラックパッドに置かれた指の動きを追跡する。

ディスプレイ上では、指は紫色の影で表されており、トラックパッド上の動きに合わせて、画面の指も動く。スクリーンのどこをタッチしているのか、正確に動きがキャッチされ、タッチスクリーン上で直接操作するのと同じような感覚で使えるというわけ。

・タッチスクリーン⇔通常モードは自動で切り替わる

この「DuoPad」は、Windows 8、8.1、10で動作し、使っているアプリケーションに応じて、自動で“touch display”または“trackpad”モードに切り替わる。

タップしたり、フリック操作したり。「DuoPad」を活用することで、微妙な操作をマウスでおこなう必要がなくなり、より直感的な操作が可能となる。タッチスクリーンに慣れた人にとって、さらに快適なパソコンライフが待っていそうだ。

DuoPad

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP