ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

油断厳禁!4月のお部屋の空気をスッキリさせよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月も終わり、花粉のお悩みもそろそろ軽くなるかな…と、油断するなかれ! 4月以降もヒノキ花粉、さらにはPM2.5など、まだまだこれからもボクらを悩ますものの飛散は続くのだ。4月以降も必要なお部屋の空気ケアのこと、みんなはどれくらい真剣に考えているのか? アンケート調査を実施。

●あれ、ガード甘すぎ? みんなのPM2.5対策事情

【もっと大きな画像や図表を見る】

スギ花粉はそろそろピークを過ぎたものの、これからはPM2.5などがボクらを悩ませる時期に突入。ところで、そのための対策はできている? 25~34歳のビジネスマンたちへのアンケート(※1)を実施してみたところ、みんなのガードの甘さが明らかに…。

まずは「毎年4月以降も花粉などに悩まされるか?」を聞いてみると(「花粉などに悩む」と回答した全体の52%が対象)、実に9割近く(88.5%)が「悩まされる」と回答。やはり4月に入った途端に悩みがなくなるわけではないようだ。だが「花粉の悩みのピークはいつごろか?」を聞いてみると、「3月中旬」(25%)、「3月下旬」(38.5%)と、3月中がピークだと実感している人が6割以上という結果に。確かに、スギ花粉の飛散のピークである3月を過ぎると、やや気がゆるんでしまう…という人も多いのでは?

だが、実は安心してはいけない! 花粉などよりももっと小さく、有害な物質を含むものも多いPM2.5(直径2.5マイクロメートル以下の超微粒子)は、例年5月ごろまで飛散しており、春風に乗ってくる4月以降こそ要注意なのだ。…とはいうものの、その対策ってみんなはどれくらいできているものなの?

そもそも「PM2.5についてどれくらい詳しい知識を持っているか?」を質問してみたところ、「名前程度しかしらない」(41%)、「名前すら知らなかった」(6%)と、実に半数近くが詳しい知識を持っていないことが判明。そのためか「PM2.5対策をしているか?」を聞いてみると、「対策が必要だとは思うがしていない」が43%、さらには「対策が必要だとは思わないのでしていない」が30%となり、実に7割強のビジネスマンたちが、PM2.5に対してはノーガード状態であることが分かった。ん~、これは今すぐ何とかしないと!

ということで、PM2.5に対してノーガードな男子たちの強いミカタをご紹介しよう。それは、パナソニックの空気清浄機「F-VXK90」だ。まず心強いポイントは、微細なPM2.5もしっかり検知する業界初(※2)の「PM2.5解析プログラム」を搭載していること。さらに、室内で花粉やほこりなどが多く溜まりがちな床上30cmをキレイにすることにこだわった機能「メガキャッチャー」(パナソニックだけ! ※2)と「ツインルーバー」にも注目。前面のパネルが開き、本体の下から強力に空気を吸引する「メガキャッチャー」は、お部屋の全体にただようPM2.5や床上30cmにたまりやすい花粉をしっかりとキャッチしてくれる。上下にスイングするPM2.5気流をお部屋の隅々まで届けて、ハウスダストなどをかき集める「ツインルーバー」とのダブル効果で、室内のPM2.5などのほこりをくまなく吸い取ってくれるはずだ。

もちろん注目の機能はそれだけではない! いくら部屋を閉め切っていても、PM2.5は窓の開け閉め時や通気口から侵入するもの。「F-VXK90」には様々なセンサーが搭載されており、なかでも業界初の「PM2.5解析プログラム」は、PM2.5を感知すると自動で運転をPM2.5気流に切り替えるので、侵入したPM2.5が室内に広がってしまう前にばっちりキャッチしてくれるのだ。ほかにも、集じん力の高い「HEPA集じんフィルター」などを搭載。まさに、至れり尽くせりの機能でボクらの部屋の空気をキレイにしてくれる1台なのだ。

「PM2.5の対策をしている」と回答した人たち(全体の27%)のうちの63%は「空気清浄機を利用している」と回答。さあ、悩みが本格化する前に、今こそキミの部屋にも導入しよう!

※1 全国の25~34歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート調査(2015年2月実施/webR25調べ)
※2 2014年7月24日現在

(R25編集部)

油断厳禁!4月のお部屋の空気をスッキリさせよはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ノーガード厳禁!花粉対策の味方が登場
今年は大変!? 男の「花粉悩み度」調査
新生活のお部屋スッキリ化計画
30歳で結婚退職=2億円の損失?
分割払いはキャッシングより損?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP