ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初対決!汚部屋vs.ロボット掃除機

DATE:
  • ガジェット通信を≫

やらなきゃな…と思いながらも、ついついほったらかしにしてしまう家の床掃除。掃除機を出すのも、かけるのも面倒だし、掃除するくらいならその時間をほかのことに使いたいというのが正直なところだ(言い訳)。「あ~あ、出かけている間に部屋がきれいになってないかな~」と思ったことのある人も多いことだろう。そしてそんな人なら、きっと一度は「ロボット掃除機ってやっぱ、便利なのかな…」と考えたこともあるのでは? しかしそう思う反面「ものが多くて散らかり気味な自分の部屋で、本当に使えるの?」という不安も。そこで、週1回の掃除機がけもままならないズボラ男子の部屋にロボット掃除機を持ち込んで、いざ対決! その結果は?

●面倒な掃除機がけは頭のいいプロに任せたほうがいいわ。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「ロボット掃除機って便利そうだな…でも実際のところ、自分の部屋でどれくらい使えるかは不安…」というありがちな思いを抱くR25世代男子の部屋(=家具や障害物多め)に、ロボット掃除機でおなじみの「ルンバ」がやってきた。この部屋でロボットは本当にしっかりと掃除ができるのか? とあらぬ疑いを持ちつつ(普段、そんなに丁寧に掃除をしないくせに)、今回は「ルンバ」の最新モデル「ルンバ880」で実際に掃除して(正確には、何もしないで掃除をしてもらい)、その動きや仕上がりを検証してみた。

まず早々に驚いたのは、その頭の良さだ。今回、ルンバに勝負を挑むべく、わざと机や椅子をゴチャゴチャに移動させてから運転させたのだが、入り組んだたくさんの脚の間にひとつひとつ入り込み、ちゃんと小回りを利かせながら細やかに掃除をするではないか! 自分で掃除機がけをしていたら、もうこの脚だらけの光景を見ただけでやる気をなくしていたことだろう…。

それもそのはず、ルンバを製造するiRobot社は、実は地雷探査ロボットなどを開発する真面目なロボット開発会社。つまりルンバは、人間の代わりに危険な作業や嫌な作業を淡々と行うプロフェッショナルロボットのひとつなのだ。なんと、人工知能が毎秒60回以上の状況判断をした上で、40以上の行動パターンから最適な動作をするという。まあ少なくとも、ダラダラと適当に掃除機がけをしている時の僕の判断力とは比にならない頭のキレっぷりだ。

さてその後、部屋の壁際へと進んでいったルンバだったが、なんと壁にぶつかる前に減速した。そして壁にやさしくタッチして、ターン! 普段の自分の掃除機がけのように、もっとガシガシ壁にぶつかりながら掃除をするかと思いきや、これはいい意味で予想外。「ソフトタッチバンパー機能」というらしく、センサーが壁や家具を感知すると自動的に減速するらしい。なるほど、これなら壁や大事な家具を傷つけることもないわけだ。また、案じていた「部屋の壁際はどうなんだ?」という不安も、まったく問題なし。壁との距離をはかりながら本体から飛び出ているブラシがクルクル回転しながら、しっかりとゴミをかき出していた。そしてもちろん、それをちゃんと吸い取っていくので、床と壁との角も、まあ見事な仕上がりだ。

ほかにも、毛足の長いラグや、壁に沿ってビローンと伸びているアンテナと延長コードの配線の上も軽々乗り越えた! どうやらルンバさん(やや尊敬し始めている…)は2cmの高さまでなら大丈夫らしい。また、ラグのフリンジやコードが絡まってもブラシが逆回転し、絡まりを回避して見事脱出。ほかにも、高い段差を感知し、落下を自動回避する機能も搭載しているらしい。

イケてる機能はまだまだある! 吸い込み口に搭載されているのは、ブラシではなく「AeroForceエクストラクター」なる特殊素材のローラー。髪の毛やペットの毛が絡まりにくく、それゆえお手入れも簡単。そしてなにより、ルンバが部屋全体をまんべんなく掃除できていたのが印象的だった。もちろんゴミも気持ちいいくらいに取れていた。

「どうせお掃除ロボットなんて、使ったあとに自分で部屋の隅とかは仕上げをしないとダメなんでしょ」なんて思っていたが、今回使ってみた「ルンバ」ならまるっと床掃除を任せられることが分かった。ということで、対決は完敗(でも部屋はキレイになったのでむしろ完勝?)。しかしこれがあれば、友人や女の子を家に迎える前にも安心して掃除をさせておくことができる。「もっと自分の時間を持ちたい!」「時間を有効活用したい!」と願う人はぜひ、ボクら以上に腕のいい掃除のプロ「ルンバ」を導入してみてはいかがだろうか。

(R25編集部)

初対決!汚部屋vs.ロボット掃除機はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

実際どうよ…ロボット掃除機の実力は?
最ラクが基本!男の掃除力UP術
30歳で結婚退職=2億円の損失?
分割払いはキャッシングより損?
購入vs.リース どっちがお得?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。