ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

福山、林原…人気ラジオ終了相次ぐ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


毎年4月はテレビ番組やラジオ番組の改編期。それにともなって、例年3月末には終わる番組が多いのだが、今年の3月末は、特に人気の歴史あるラジオ番組が相次いで最終回を迎えることとなった。

【もっと大きな画像や図表を見る】

3月26日には『ゆずのオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)が終了。3月28日には「魂ラジ」こと『福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル“魂のラジオ”』(ニッポン放送)が終了した。福山は、1992年1月から約23年にわたりオールナイトニッポンのパーソナリティを担当していた。同じく3月28日、声優の林原めぐみによる『林原めぐみのHeartful Station』(ラジオ関西)も終了。こちらは前身番組を含めると1991年4月から約24年続いたことになる。さらに、2004年4月から約11年放送されていたアニメ関連のラジオ番組『A&G 超RADIO SHOW~アニスパ!?』(文化放送)も3月28日に終了している。

3月29日に『全国こども電話相談室・リアル!』(TBSラジオ)も終了。前身の『全国こども電話相談室』を含めると、実に50年以上もの歴史がある長寿番組だった。

歴史あるラジオ番組が次々と終了したことを受けて、ツイッターでは、

「大御所番組が沢山終了してしまう今年の3月。
ラジオ族として育ってきた私には辛い3月です」
「やっぱり長く続いた番組が終わってしまうのは…ちょっと寂しいかなぁ」

などと、寂しさを覚えるリスナーの声が多く見られる。一方で、

「聞いてた番組が次々終わってくの寂しいなあ、でもこっからまた10年20年って歴史が始まるんだと思うとやっぱりラジオってわくわくする」

と、前向きな意見も。また、

「ハートフル、アニスパ、魂ラジ、ラジオ史を語るうえで必ず名前が挙がるであろう番組が今日いっぺんに終わってしまうんだなあ。この週末は本当に分岐点だわ」

と、この3月が「ラジオ界において大きな分岐点になるのでは」という分析もあった。

ちなみに『魂ラジ』の後番組は関ジャニ∞の大倉忠義とシンガーソングライター・高橋優による『オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん』がスタート。また、『全国こども電話相談室・リアル!』が放送されていた毎週日曜午前9時から9時55分の時間帯については、同午前6時から放送されているワイド番組『プレシャスサンデー』の枠が拡大して放送される。

PCやスマートフォンでラジオが聴けるアプリ「radiko」の人気もあり、最近はラジオリスナーが増加傾向にあるともいわれている。今後のラジオ人気を引っ張るような新番組の登場に期待したい。
(R25編集部)

福山、林原…人気ラジオ終了相次ぐはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

福山雅治ANNやめる理由に反響
福山雅治、ネット冠番組復活に歓喜
スマホはラジオ業界の救世主か?
radiko 全国で聴ける有料版
アキバのラジオ館閉館に惜しむ声

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP