ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川嶋あい 東日本大震災から4年『とびら』MV解禁&本人コメント到着

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現代女性シンガーソングライターの草分け的存在で、7月1日に新作『とびら』をリリースする川嶋あい。今作のミュージックビデオ(http://youtu.be/Z0jGtfImn-s)を解禁した。

 「とびら」は、東日本大震災から4年が経った今、川嶋あいが「東北の子どもたちのいまの気持ちに寄り添えるような曲を作れないか」という思いから書き上げた新曲。自身が岩手、宮城、福島の3県を訪れ、現地の中学生たちとの対話から歌詞を紡ぎだしている。卒業という新たな一歩を踏み出す季節に、少しでも希望の灯火となるような歌として、そして次なる道へ踏み出してゆく旅立ちの歌として、心に刻んでもらえることを願ってつくり上げた曲だ。そのミュージックビデオは、一緒に作り上げた中学生の卒業式に川嶋あいが参加し、卒業式の模様や制作過程などを追いかけたドキュメンタリー風な作品となっている。

 今回の楽曲&ミュージックビデオ制作について川嶋あいは、「この「とびら」を制作するにあたり、岩手・宮城・福島の3県を訪問し、現地の子供たちと対話をさせてもらった中身を土壌にして、楽曲や映像の構成を練っていきました。震災を経験した彼らが感じている今、そしてそのまなざしの向こうに想いを寄せる未来を、彼らと向かい合う中で少しずつ見せてもらいました。静かな中に滲み出ている大きな強さ。今までみたことのない芯の強さに、私自身言葉にならない想いでいっぱいになりました。時にやってくる大きな困難や目の前にある悩みや苦しみという壁は、壁ではなく「扉」なのかもしれない…。だから勇気を出していつかその扉を開いてみよう。そんな想いを心に巡らせながら、今回の作品をじっくりと作っていきました。これから夢を抱きながら、毎日を生きてゆく子供たちにとって、少しでも希望の灯火となるような歌として、そして次なる道へ踏み出してゆく旅立ちの歌として、心に刻んでもらえたら嬉しく思います」とコメントしている。

 この「とびら」は、合唱版も制作し、誰でも手に入れられるように譜面のダウンロード企画を未来貢献プロジェクトや川嶋あいのオフィシャルHPで行っている。

 また、4月1日からは川嶋あいが1年で最も大切にしている8月20日のワンマンライブのプレイガイド先行もスタート。今年で渋谷公会堂は老朽化が原因で取り壊しになるので、現存する渋谷公会堂でのライブは最後になる。

◎シングル『とびら』
2015/07/01 RELEASE(予定)
初回:とびら/Smile to blue sky含む3曲収録予定+とびらミュージックビデオ付
1500円(税込)
通常:とびら含む2曲収録予定
1000円(税込)
iTunes先行配信
2015/03/11 RELEASE
http://apple.co/1HsZ4sv
※配信の収益は寄付させていただきます。

◎ライブ【Ai Kawashima Concert 2015“ノスタルジック メロディー”】
08月20日(木)渋谷公会堂
OPEN 17:30 / START 18:30
チケット:04月01日(水)からプレイガイド先行開始
一般販売:05月20日(水)~
問い合わせ:キョードー東京 03-3407-8833

関連記事リンク(外部サイト)

川嶋あい 東日本大震災から4年『とびら』発売&東北の中学校で楽譜配布 渋谷公会堂での最後のライブも開催
『けいおん!』梓役の竹達彩奈 新作にサンボマスターや赤い公園、川嶋あいら
川嶋あい 12度目の渋公ライブ成功&24時間テレビ出演決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP