ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

食パン1枚で満足!春野菜のオープントーストレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

眩しい程の太陽と暖かい風を感じる、今日この頃。スーパーに並ぶ野菜達も新たな顔揃えになりました。
春野菜をメインに使ったオープントーストはいかがでしょう?
朝食のトーストに一手間加えて、食卓から春の息吹を感じましょう♪

食にまつわるグローバルWebメディア「Cooking Light」では春に旬を迎える野菜として、アスパラガス・ラディッシュをあげています。一方、筍・春キャベツ・トマトも各地で採れます。
「Cooking Light」のオススメ食材はアスパラガス。低カロリー・食物繊維たっぷりで、フランスでは「野菜の王様」と言われているそう。フレッシュさ・栄養を損なわないよう必ず冷蔵庫で保存することが大切だそうです。
今回はアスパラガス・春キャベツ・トマトを使ったオープントーストをご紹介します。

<春キャベツがたっぷり!コンビーフオープントースト>
■材料
キャベツ 1/2個
バター 大さじ2
玉ネギ 2個
レッドペッパー 大さじ3
ざらめ 大さじ1
コーンビーフ 400g
厚切り食パン 4枚
ピザ用チーズ 2カップ
ローリエ 1枚
■作り方
準備:キャベツは千切りに、玉ネギ薄めにスライスする。
1.油をひいたフライパンにキャベツを入れ、しんなりするまで炒める。塩コショウで軽く味をつけ、お皿に移し端においておく。
2.そのままフライパンにバター・玉ネギ・ローリエを順番に加え、炒める。玉ネギが飴色になったら、ざらめを加えローリエは捨てる。
3.パンにバターを塗り、キャベツ・コーンビーフ・玉ネギを順番に乗せる。最後にピザ用チーズを上に盛り、トースターで焼く。最後にお好みでマスタードを加えたら出来上がり!

<クリームソースがけ・アスパラオープントースト>
■材料
アスパラガス 100g
ゆで卵 3個
バター・小麦粉 1/4カップ
牛乳 3/4カップ
チェダーチーズ 1/4カップ
食パン 4枚
■作り方
準備:アスパラを塩を入れたお湯で3分間茹でる。卵は固めのゆで卵にする。
1.ゆで卵は1個薄くスライスする。残りは細かく刻む。
2.バターを溶かしたフライパンに、小麦粉・牛乳・チェダーチーズ・刻んだゆで卵を加え混ぜ合わせる。
3.トーストした食パンに、バターを塗る。
4.食パンとアスパラガスを交互に重ね、上からクリームソースを掛ける。最後にスライスしたゆで卵を乗せれば出来上がり!

<バルサミコ酢がアクセント!トマトのオープントースト>
■材料
バルサミコ酢 1/2カップ
食パン 2枚
トマト 2個
アボカド 1/2個
バジル 1/4カップ
バター 適量
塩コショウ
■作り方
準備:バジルは細かくみじん切りに、トマトは薄めにスライスする。アボカドの皮を外し、フォークの背でクリーム状にする。
1.バルサミコ酢を小鍋に入れ、中火で温める。沸騰直前で火を弱め、10分程煮詰める。
2.パンにオリーブオイルをたっぷりとかけ、トーストする。
3.トーストにアボカド・トマト・バジルを順番に乗せ、最後にバルサミコソースを上からかける。塩コショウで味を整えたら出来あがり!

他にもパセリ・カリフラワー・クレソン等も旬を迎えます。
ペースト状にしたパセリ・トマト・チーズをパンに乗せて、カプレーゼ風トーストもいかがでしょう。
いつもの朝ご飯も、旬野菜を使うだけで格段に華やぎます。

「CookingLight」
http://www.cookinglight.com/food/in-season/spring-vegetables-fruits

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP