ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【お値段据え置きで解説付きの練習見学可】祝★開幕!プロ野球の新シート、新サービスにクローズアップ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよシーズンが開幕したプロ野球。球場での観戦を楽しみしているファンも多いだろう。内野席で選手の一挙手一投足に目を凝らすもよし、外野スタンドで応援団とともに贔屓チームに声援を送るもよし。

 ただ、ときにはこれまでと違った席で観戦するのもオツなもの。いま、話題となっているスペシャルなニューシートをいくつか紹介したい。

◎球場改修で作られた「ホームランテラス」

 まずは、今シーズンから外野の左中間、右中間のフェンスがフィールド内に大きくせり出したヤフオクドーム。この部分に新たに設けられた観客席が「ホームランテラス」だ。かつての甲子園球場のラッキーゾーンに座席が設けられたようなものとイメージしていただければわかりやすいだろう。

 カウンター、テーブル、デッキチェアと、好みや利用人数に合わせて選べるようになっており、価格も曜日や対戦相手によって異なるが、一人あたり2,000円~とリーズナブルな設定。「ギータ(柳田悠岐)のホームランボールをゲットしたい!」という方は、このホームランテラスでの観戦が近道かもしれない。

 なお、ヤフオクドームに頻繁に足を運ぶ、あるいは大人数で楽しみたいという方は「WEB回数券」が超お得だ。平日のナイター限定で、また上記のホームランテラスは対象外ではあるが、指定席券が10枚セットで1万円と、とんでもないお値打ちぶり。もちろん、一人で10回行っても、一度に10人で行ってもOK。利用可能な座席はその日によって異なるが、S席も対象となる場合があるとのこと。詳細は、ソフトバンクのオフィシャルサイトにてご確認を。

◎グループならここでしょ! 「パーティーテラス」「ふらっとリビング」

 今年から名称が変わった西武プリンスドームにも、グループでテーブルを囲んで座れる「パーティーテラス」と、リビングでくつろぎながら野球観戦ができる「ふらっとリビング」というシートが新設された。

 とくに、大相撲のマス席のような「ふらっとリビング」は、一人あたり1平米程度のスペースが確保されており、脚を伸ばして、ゆったりと試合を楽しむことができる。定員が6名の席と8名の席があり、それぞれ15,000円と18,000円で、一人あたりに換算すれば2,250円~2,500円。こちらも、西武のオフィシャルサイトにて詳細をチェックしていただきたい。

◎練習を近くで見られ、OBの解説もついてくる!

 さらに一歩踏み込んだファンサービスがついているのが、東京ドームでの巨人主催ゲーム限定で発売される「OB解説付き『直生』練習見学ツアー+B指定席」だ。

 昨年から実施され、非常に好評を博している企画シートで、通常のB指定席と同額(3,900円)で、試合前の練習が見学できるのだ。しかも、練習を見ながら、巨人OBが解説をしてくれる、という特典付き。誰もが知っている往年の名選手たちのトークタイムは、G党ならずとも引き込まれること間違いなしだろう。

 こちらは「チケットぴあ」のみでの取り扱いなので、解説者のラインナップ等は、同社のホームページにて確認してほしい。

 当然ながら、各シートとも、かなりの人気となっており、とくに週末はすでに満席になっていることも多い。予定や人数が決まったら、早めにチケット確保へ動くことをオススメする。

 スマホマガジン『週刊野球太郎』では、日本一可愛い高校野球マニア・乃木坂46衛藤美彩インタビューを配信中! プロ野球では、【プロ12球団戦力分析】2015ペナントレース大予想、【プロ野球10部門別】絶対に生でみるべき選手名鑑を公開!

 『高校野球&ドラフト候補選手名鑑 for auスマートパス』では、センバツ全試合プレビュー&注目選手を毎日掲載中!

 『野球太郎』の選手名鑑に続き、『野球太郎No.014』も発売されました。特集は『オレに訊くな!』、タブーや想定外の質問をあえてぶつける挑戦的な企画です。中田翔(日本ハム)が不敵な笑みを浮かべた質問とは? 張本勲氏から「あっぱれ」をもらったテーマとは? お楽しみに!

※リンクが表示されない場合は、http://yakyutaro.jp/をコピーしてアクセスしてください。
※『週刊野球太郎』と『高校野球&ドラフト候補選手名鑑』は、auスマートパス、Softbank、ドコモSPモードに対応しています。

■関連リンク
セ・リーグ開幕戦への意気込み
今年が大事な年になるマスコット
ドラゴンズと「人工芝」の間に因縁

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。