ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3人の男性に揺れ動く女性。倦怠期を迎えた熟年夫婦の行方は?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスの名女優・イザベル・ユペールが、タイプの異なる3人の男性の間で揺れ動く女性を演じたロマンティックストーリー『協奏曲はパリで』が、まもなく公開。

子どもたちも無事に独り立ちし、ノルマンディーの田舎で夫のグザビエと穏やかに暮らすブリジット。倦怠期ともいえる状態に変化をもたらそうとするが、夫は無関心。そんなとき、パリから来た姪の友人のハンサムな青年と知り合い、久々に女心をくすぐられたことで、大胆な計画を企てる――。

熟年夫婦の危機をあたたかい眼差しで描き出し、本国・フランスで大きな話題を呼んだ本作。『フランス映画祭2014』で見逃した人も、この機会にぜひ!

間奏曲はパリで
監督・脚本:マルク・フィトゥシ
出演:イザベル・ユペール、ジャン=ピエール・ダルッサン、ミカエル・ニクヴィスト、ピオ・マルマイ ほか
(2014年/フランス)
4月4日(土)より公開
(C)2014, Avenue B et Vito Films, Tous droits reserves.
http://kansoukyoku-paris.jp/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。