ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

森高千里『渡良瀬橋』 その誕生秘話と公衆電話撤去回避の経緯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 栃木県の南西に位置する足利市。その中央を渡良瀬川が流れるこの場所は、森高千里(45才)が1993 年に発表した名曲『渡良瀬橋』の歌詞に登場することでファンの間で広く知られていた。

「森高さんが『渡良瀬橋』の作詞にあたっていた当時、きれいな響きの川や橋の名前を探していて、偶然目にとまったのが『渡良瀬川』だったそうです。これも偶然なのですが、森高さんは以前にもライブで足利の地を訪れていたことがあったんです。彼女はその不思議な縁を感じたこともあって、曲の舞台に選んだのだそうですよ」(音楽関係者)

 作詞に際し、実際に足利の地を見て回った森高。『渡良瀬橋』は、渡良瀬橋で夕日を見ながら別れた人を思い出すバラードだが、歌詞に出てくる固有名詞は現実に存在するものばかり。

 50万枚に迫る大ヒットとなったこの曲はPRのために作られたものではなかったものの、リリースした翌月に足利市から森高へ感謝状が贈られるほど、地元の人から愛された。

 同年に行われた足利市の足利市民会館でのライブでは、アンコールで『渡良瀬橋』を歌うと、場内から自然と大合唱が起こり、感極まった森高が号泣するという場面もあった。

 1999 年6月に、森高は江口洋介(47才)と結婚し、2000 年2月に長女を、2002 年5月には長男を出産。結婚後は子育てに専念し、休業することになった。

 しかし、ファンも地元住民も『渡良瀬橋』を愛し続けていた。2007 年3月には渡良瀬橋と夕日が一緒に見える場所に歌碑が建立されたのだ。

 また2008 年には歌詞に登場する「公衆電話」を巡ってこんなエピソードも。同じく歌詞に登場する「床屋」のモデルである「尾沢理容店」の尾沢秀俊さん(64才)が教えてくれた。

「この公衆電話は利用者が少なく、歩道の拡張工事をすることもあって撤去するという話があったんです。でも、森高さんのファンだっていう30代、40代のカップルが写真を撮ったり、わざわざ中に入って電話をかけたり、本当によく来る場所。だから、私が“撤去はやめたほうがいい”と訴えて、中止にしてもらったんです」

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『渡良瀬橋』八雲神社全焼で森高千里が絵馬奉納し187万円寄付
43才にして美脚を持つ森高千里 秘訣は30分以上ひたすら泳ぐ
江口洋介と森高千里 人気カフェで人目気にせずラブラブデート

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP