ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日テレ入社笹崎里菜アナ 早くも女王・水卜アナへ忠誠表明か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東洋英和女学院大を卒業し、4月から日本テレビに女子アナとして入社する笹崎里菜さん(22)。学生時代からここまでの知名度を誇ったアナウンサーは誰もいなかった。銀座のクラブでホステスのアルバイトをした経験があることを理由に「清廉性がない」と採用内定を取り消されたが、法廷闘争を経て1月に和解が成立し入社資格を勝ち取った。

 彼女の入社が決定してからというもの、局内の興味は「彼女の待遇」だが、本誌は日本テレビの管理職社員から「配属番組」が決まったという「核心情報」を掴んだ。それによると、研修を終える7月から、日曜朝7時半からの『シューイチ』で、1年目の畑下由佳アナ(23)が担当するポジションを引き継ぐというのだ。

 この情報は、少しずつ社内に広まり始めているという。特に敏感に反応しているのが、笹崎さんを迎え入れるアナウンス部だ。日テレ社員がいう。

「もし情報通りになるとすれば畑下アナはどうなるのか。栄転だとすれば、帯番組のレギュラーを持つのか。そうすると自分が押し出されるのではないかとビクビクしている先輩アナは少なくないようです。レギュラーのない葉山エレーヌアナ(32)なんて、舌打ちしているんじゃないですか(笑い)」

 そんなざわめきを心配してかどうかはわからないが、笹崎さんは早くも「女王への忠誠」を表明しているという。今や女子アナ界ナンバーワンの人気者で日テレのエース、水卜(みうら)麻美アナ(27)に入社前から接近しているとの情報がある。

「内定期間中に“先輩アナへの相談会”みたいなものがあって、そこで水卜アナと笹崎さんは知り合ったようです。他の新入社員も一緒でしたが、お茶なんかもしたらしい。同期や日テレの社員にも“水卜先輩を本当に尊敬してます! あんなアナウンサーになりたい!”と公言している」(同前)

 水卜アナといえば、日テレの女子アナ最大派閥である「ミト会」を率いていることで知られる。かつては30代のベテランアナを中心とする「馬場会」と覇権を争っているといわれたが、リーダーの馬場典子アナ(40)が退社した今、「ミト会」の一強時代といわれる。

「これまでの経緯があるだけに、笹崎さんはアナウンスルームで孤立しかねない。その点、力のあるミト会の寵愛を得れば心配はありません。そんな賢い計算があるのかもしれません」(同前)

「ミト会」の主要メンバーは、徳島えりかアナ(26)、杉野真実アナ(25)など若手の注目株が勢揃い。最近では、深夜番組『アナTALK』で、1年目の岩本乃蒼アナ(23)が「ミト会に初参加しました!」と、嬉々として宣言していた。

 さらに岩本アナは「盛り上がって、ベイマックス(※最新のディズニー映画に登場するロボット)のモノマネをやりました!」というエピソードまで披露。ミト会には「先輩たちの笑いを取らねばならない」という入会ルールでもあるのだろうか。

「ミト会もメンバーが増えて、派閥内派閥もできつつあるようです。笹崎さんもミトちゃんに気に入られているからといって安心はできない」(情報番組スタッフ)

 笹崎アナはこの“入社試験”をクリアできるか。

※週刊ポスト2015年4月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日テレ逆転採用の女子アナ 早々にレギュラー番組獲得の予測
日テレ逆転採用女子アナ 局は度量見せ注目アナ獲得でWinWin
日テレ逆転内定アナ 世間にアピールのため花形ポスト用意か

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP