体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヒップホップの“始まり”を描く自伝的映画が再び公開中!

②場面写真-2

1983年に公開され、ヒップホップカルチャーを全世界に広めた伝説的映画『ワイルド・スタイル』が渋谷シネマライズ、シネ・リーブル梅田ほかにて公開中!

舞台は、1982年のニューヨーク、サウス・ブロンクス。グラフィティライターのレイモンドは、深夜に地下鉄のガレージへ忍び込み、スプレーで地下鉄にグラフィティを描いていた。レイモンドのグラフィティはその奇抜なデザインで評判を呼んだが、違法行為のため正体を明かせずにいた。そんなある日、これまでに何人ものアーティストを表舞台に送り出してきた新聞記者のバージニアから仕事の依頼が舞い込む。しかし、仕事として描くことと自由に描くことの選択に迫られ、思い悩む――。

DJ、ラップ、ブレイクダンス、グラフィティ……。今や当たり前になったヒップホップカルチャーの“始まり”を描く本作。字幕監修には、日本のヒップホップシーンを牽引するK DUB SHINEが参加!

ワイルド・スタイル
監督:チャーリー・エーハン
出演:リー・ジョージ・キュノネス、ファブ・ファイブ・フレディ(フレッド・ブラズウェイト)、サンドラ・ピンク・ファーバラ、パティ・アスター、グランドマスター・フラッシュ、ビジー・ビー、コールド・クラッシュ・ブラザーズ、ラメルジー、ロック・ステディ・クルー ほか
(1982年/アメリカ)
公開中
©New York Beat Films LLC
http://www.uplink.co.jp/wildstyle/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。