ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

余ったジャムの活用レシピ!「飲むヨーグルト」と「みそ炒め」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジャムをたっぷり使ったパンケーキにフレンチトースト……。そんな休日のブランチを夢見て、たまに買っては冷蔵庫の片隅で、ついつい眠らせてしまうジャム。もっと日常的に、おいしく活用する方法はないだろうか?

衝動買いをして冷蔵庫の片隅で、淋しく眠っていたジャムたち

そこで、今回は「ジャムの活用レシピ」の中で簡単なレシピと、応用が利きそうなレシピの2品を紹介したいと思う。1分で作る「飲むヨーグルト」

【材料】
・プレーンヨーグルト…100g
・牛乳…80cc
・お好みのジャム…ティースプーン1~2杯(糖度に応じてお好みで)

【作り方】
1. グラスにジャムを入れ、滑らかになるようよく混ぜる。ストロベリーやブルーベリーなどの粒があれば、軽くつぶすように混ぜる
2. 1にヨーグルトを加え、滑らかになるまでよく混ぜる
3. 2に牛乳を加えて混ぜる

ポイントは1と2で、それぞれしっかり混ぜることだけ。「ヨーグルト:牛乳=1:1」よりも、少しヨーグルトを多めにした方が、トロっとしてジャムの固形物が沈まない。約1分で、いつもコンビニで買うような「飲むヨーグルト」の味が自宅で再現できる。ベリー系、柑橘系、どんなジャムでも合う簡単レシピだ。まとめて作って、冷蔵庫で2~3日保存することも可能。豚肉と大根のピリ辛みそ炒め

主な材料。ほかにも、きのこ類やピーマン、パプリカなどもお好みで

【材料】※2人前
・豚肉(バラ、もしくは切り落とし)…250g
・大根…1/3本(正味 約250g)
・にんにく、しょうが…各1かけ

★みそ…大さじ1
★ジャム…大さじ1(イチゴジャム、もしくはマーマレードジャムがオススメ)
★酒…大さじ1
★豆板醤…小さじ1~2(お好みで。なくても可)

・ごま油…大さじ1
・万能ネギ、白ごま(飾り用)

【作り方】
1. 豚肉は一口大に切り、大根は薄めの乱切りに、にんにく・しょうがは、みじん切りにする
2. ★の調味料を合わせる。ここで味を見て、甘みが足りないようであれば、ジャム、もしくは砂糖(分量外)を小さじ1程度足す
3. 大根に少量の水を振り、ふんわりとラップをかけ、柔らかくなるまでレンジにかける
4. 冷たいままのフライパンにごま油、にんにく、しょうがを入れ、弱火で香りが立つまでじっくり炒める
5. にんにく、しょうがにほのかに色が付いたら、強めの中火にして豚肉を炒める。9割ほど火が通ったら、3の大根を入れ、さっと炒め、さらに2の合わせ調味料を加えて、全体を炒め合わせる
6. 仕上げにお好みで、白ごま大さじ1~3を加えてさっと炒め、お皿に盛りつけ、飾りねぎを散らす

みりんを使った時よりも、しっかりとした照りがでる。今回はイチゴジャムを使用

ご飯がすすむ甘辛系のこってりとした味付けは、お弁当のおかずにもピッタリ。よりヘルシーに、しめじや舞茸などのキノコを加えたり、彩りにピーマンやパプリカを加えるのもオススメだ。

今回はイチゴジャムを使用したが、「ジャムっぽさ」は、まったく感じられなかった。ジャムをみりん代わりに使う時は、「こってりとした味付け」「色味が濃いもの」がオススメ。特に「鶏肉の照り焼き」や、「スペアリブのオーブン焼き」、「豚肉のしょうが焼き」などの肉料理との相性はバッチリだ。

あなたも冷蔵庫で眠っているジャムがあれば、ぜひ試してみて!

(たままい。+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP