体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『たつやのにんじん』『みつトマト』『生キャラメルいも』『はちみつパイン』?! カリスマ農家が作った野菜を食べてみた

IMG_0214_f

オイシックスが主催する『農家(ノーカー)・オブザイヤー』が今年も行われ、全国1000軒以上の“カリスマ農家”の中から生産者、そして選りすぐりの野菜が選ばれました。

IMG_0212_f

この『農家・オブザイヤー』は今年で11回目。消費者の「おいしい」という声を評価基準に生産農家の方々を表彰する賞なのです。今回はオイシックス株式会社の協力を得て、『農家・オブザイヤー2015』受賞者の生産した野菜を試食する機会に恵まれました。最高金賞から銅賞までの4種類、おススメの方法で実食してみたいと思います。

甘くジューシーな『たつやのにんじん』は2年連続金賞受賞

最高金賞を受賞したのは『まゆみ農園』さん。代表商品は『たつやのにんじん』。

IMG_0199_f

商品特長:
にんじん独特のにおいが少なく、甘みとジューシーさが特徴です。
生で食べたときに、そのみずみずしさや甘みを感じやすく、にんじん嫌いの子どもたちをも魅了しています。収穫した後に急速に冷蔵し、劣化を防いでおいしさを維持するという独自の出荷システムを構築しています。農薬を使わず、深く土を掘りかえして微生物の増殖と有機物の循環を促して作ったこだわりのやわらかい土により、甘みが強くみずみずしいにんじんを育んでいます。

IMG_0226_f IMG_0261_f

まず生のスライスを口に含んでみると、断面から本当に甘味を感じます。確かにニンジン特有のにおいは少ないです。みずみずしく噛みしめるほどに甘味が増すので、このまま何も付けずに食べ続けられそう。

生でも十分美味しいのですが、熱を加えることでさらに甘味が出るそうです。今回はおススメの食べ方として『ニンジンコロッケ』を作ってみました。

『ニンジンコロッケ』をつくる

材料:
ニンジン2本(400g相当)、ジャガイモ小1~2個、パルメザンチーズ適量、塩コショウ適量、小麦粉、パン粉、卵1個

IMG_0276_f

ニンジン、ジャガイモは竹串が通るまでよくふかします。蒸し器でもいいですが、ラップで密封して電子レンジで5分以上でも良いと思います。

ポテトマッシャーなどでつぶし、パルメザンチーズと塩コショウで下味をつけます。チーズは隠し味程度なので入れすぎないよう(笑)。

IMG_0288_f
1 2 3次のページ
オサダコウジの記事一覧をみる

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会