ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「カープフィーバー」極まれり 試合日「残業なし」提案で賛否両論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

広島労働局は2015年3月26日に記者会見を開き、カープ女子で盛り上がる広島東洋カープの試合が地元で開催される日を「ノー残業デー」にしようと地元企業などに呼びかけた。朝日新聞が報じた。

昨年のクライマックスシリーズ出場や、メジャーリーグから凱旋帰国した黒田博樹投手の影響で、例年に類を見ないほど「カープ熱」は盛り上がっている。カープを優勝候補に据える野球評論家も多い。
「愛ある提案」か、「今どきズレまくり」か

27日からの開幕3連戦は広島・マツダスタジアムで行われたが、毎試合3万人以上と満員近い観客を動員した。成績も2勝1敗とまずまずで、特に29日は黒田投手が先発し勝利を収めたことが大きく報じられた。

今回の「ノー残業デー」は、政府が進める「働き方改革」の一環だ。厚労省が2015年1月末から始めた「働き方・休み方改善ポータルサイト」には取組・参考事例が紹介されているが、地元のスポーツチームと絡めた施策はあまり例がない。この提案は、

「市民球団らしくていいね!」

「地元密着!愛ある提案ですねぇ!」

「今年のブームを見れば当然か」

と、ツイッターなどで概ね好評だ。ただし中には「今時野球中継中心に物事考えるとか、ズレまくり」という人もいる。子どもの頃にナイター中継で、観たい番組が中止になったりズレたりするため、「野球中継だいッ嫌いだった」のだという。

確かに野球観戦は趣味嗜好であり、「野球に興味が無い人もいると思うのだが」という声もうなずける。サッカーJ1には「サンフレッチェ広島」という強豪チームもあるが、こちらは対象にはあがらなかったようだ。
でも、広島県人は「約9割」がカープファン

しかし広島に限っては、やっぱり熱狂的なのはカープだと思わせるアンケート結果もある。

地元紙のリビングひろしまの調査(2014年)によると、「あなたはカープファンですか」との問いに、程度の差はあれど「89%」が「カープファン」だと回答した。周囲でカープの話題があるかどうかについても「よく話題になる」(46%)「ときどき話題になる」(41%)で、9割近い人が日常的にカープに触れていることになる。

「カープファンに改宗するなら残業をなくしてやろう」「か、改宗します…!」

「残業と言う同調圧力に勝つために、別の同調圧力を使う手法は他県人に理解されない模様」

こんなふうに茶化すコメントもあるが、習慣を変えるには何かきっかけや象徴的な存在があってもいい。そうした意味で広島では「カープ」が最適な存在だったのだろう。

「素晴らしい呼びかけ。きっかけは何でもいい。個々人が自分に合った働き方を考え、実践できる世の中にしていきたい」

「日本の民間企業は官が動かないと何もしようとしないから、こうやって官が『空気』を作り出さないといけない風潮をまず嘆くべきだよ」

あわせてよみたい:ツイッターの「#社畜童話」に「現実だから笑えない」
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP