ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ピケティ本には「お金持ちになるためのヒント満載」と専門家

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界的にベストセラーとなっている、トマ・ピケティ氏の『21世紀の資本』。同書では、格差の分析や経済政策の提言部分などが注目されがちだが、「個人レベルの運用においても参考になる部分が多数あります」というのは、家計の見直し相談センターの藤川太氏だ。藤川氏が、同書から読み取れる「お金持ちになるためのヒント」について解説する。

 * * *
 フランスの経済学者、トマ・ピケティ氏の著書『21世紀の資本』が世界中で注目されています。700ページもの分厚い本を読むには少々手こずるかもしれませんが、一言で表現すれば、いま世界で最も優れた「お金持ち本」といえるでしょう。

 この本は3世紀にわたる世界20か国以上の所得に関するデータを収集・分析し、富と所得の歴史的な変動について論考を重ねた経済の専門書ですが、ただの経済本ではありません。お金持ちになるためのヒントが随所にちりばめられているのです。

 同書のカバーには「r>g」と一見謎めいた数式が書かれていますが、ここに最大のエッセンスが込められています。「r」は資本の年間平均収益率で、不動産や株式、債券などあらゆる資産から生まれる収益率。「g」は経済成長率、つまり労働によって得られる所得の増加率を示します。それを不等式で表わし、「資本収益率rは経済成長率gより高い」ことを示しています。ピケティ氏は歴史的に見て、その数値をrは4~5%、gは1~2%で推移しているとしています。

 資産が生み出す利回りは常に労働所得の伸びを上回っている─言い換えれば、「ただマジメに働いているだけでは、資産を持つお金持ちには追いつけない」というわけです。

 私もこれまでの経験からそう感じていましたが、改めてこの本が体系的に示してくれたと思います。

 このようなピケティ氏の主張に対して、現代社会では誰にも平等にチャンスがあるはずといった反論もあるでしょう。しかし、資産を持つお金持ちほどさらなるお金持ちになりやすい傾向がある。それが「歴史的事実である」とピケティ氏は述べているのです。

 実際、それは私がこれまで出会ってきたお金持ちのケースにも当てはまります。典型的なのが、先祖代々の土地を引き継いできた地主でしょう。東京23区内に1000坪以上の土地を保有しているような大地主が親族の資産管理会社でアパートやマンション、コンビニなどを経営しながら、公務員など手堅い仕事に就いている。このようなお金持ちは派手な振る舞いを好まず、節税や相続対策を心がけて資産を守ることで結果的に財を成していたりします。

 ましてや、お金持ちは子どもの教育にもお金をかけることができるので、お金持ちの一族がどんどんお金持ちになっていくという循環もあります。一方で、働くことを最大の価値にしたとしても、それだけではお金持ちになれないケースも山ほどあって、その差はどんどん開いていく。そのような格差の拡大についてもピケティ氏は「歴史的事実」と位置付けており、これは私自身の経験からいっても納得できる内容といえます。

 資本所得でお金持ちになるには、やはり世界のお金持ちから学べることはたくさんあります。この本にも、お金持ちがさらにお金持ちになっていく根拠が網羅されています。そのひとつが、資産が大きいほど運用利回りが高いという歴史的事実です。

 実は、お金持ちほどリスクをとって運用しています。同書の中では米国の総所得におけるトップ十分位(10%)の100年間の所得構成の推移を示したグラフが掲載されていますが、最もお金持ちであるトップ1%のブレが非常に大きい。

 相場の変動が激しい運用先に資金を投じているからこそ、一般的な投資信託を通じた国際分散投資などの伝統的な投資を上回る収益を生み出している。何のリスクもとらないでお金持ちになっているわけではないことがよくわかると思います。

※マネーポスト2015年春号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
お金持ちが多く住む路線は江ノ電、阪急甲陽線、京王井の頭線
時計の選択は“大人のたしなみ”の成熟度を物語る
お金持ちが高級外車に乗る理由 見栄ではなく税金減らすため

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP