ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シンガポール元首相リー・クアンユー氏の親日エピソード紹介

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 小国シンガポールを東南アジアの金融・貿易センターに成長させたリー・クアンユー元首相が、3月23日、この世を去った。

 リー氏は1923年、当時イギリスの植民地だったシンガポールの華僑の家に生まれた。留学先のケンブリッジ大学を首席で卒業し、弁護士を経て、1963年に連邦国家マレーシアのシンガポール州政府首相に就任。1965年のシンガポール独立に際して初代首相に就任し、1990年まで25年間にわたって首相を務めた。退任後も上級相や顧問相として国家運営に関わり、国内のみならずアジアの重鎮として大きな存在感を示してきた。

 建国時わずか516ドルだったシンガポールの1人当たりGDP(国内総生産)は、2014年には5万6200ドル強と100倍以上に伸び、日本の約3万7500ドルをも大きく上回る。リー氏がいかに偉大な指導者だったかがわかる。

 資源のない小国をいかに発展させ、豊かにしていくか。リー氏がモデルにしたのは日本だった。50年に及ぶ交流があった明石康・元国連事務次長がいう。

「彼は親日家で、シンガポールの国家運営の手本として、戦後奇跡的な復興を遂げた日本に熱い眼差しを送っていました。とくに日本の労働者については、水準が非常に高いと70年代から評価していた」

 1995年には雑誌『SAPIO』での大前研一氏との対談で、日本についてこう述べている。

「現代史上、日本は最も驚嘆すべき国の1つだと思います。なぜなら、あなた方は1868年(明治維新)を出発点に封建時代から近代社会への適合に着手し、ロシア海軍を打ち破った1905年(日露戦争)までの37年間で、それを達成することができたからです。あなた方はまた、1945年の全面的な崩壊から30年で再興することに成功しました」

※週刊ポスト2015年4月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本のカジノ「入場料1万円ぐらいと想定」とカジノ専門家
日本のカジノ シンガポール型の親しみやすい家族層型系想定
移民=危険で治安悪化説は一面的な見方だと大前研一氏が指摘

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP