ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夫の定年で田舎暮らし始めた夫婦 想像以上に大変だが仲深まる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 熟年夫婦にとって夫の定年は大きなターニングポイント。夫婦の時間が増えることで相手の欠点が気になってしまうケースもあれば、逆に惚れなおすことも。62才の主婦Tさんが、定年した夫との関係を告白します。

 * * *
 定年退職した夫が突然、「実家の空き家を直して、そこで暮らしたい」と言い出しました。夫の実家は山梨の山麓。私は住み慣れた東京を離れたくありませんでしたし、それに相談もなく決められた腹立たしさから口論に。結局、夫だけが山梨に移ることになりました。

 私はというと、はじめこそ夫のいない自由を満喫していましたが、半年も経つと寂しさと不安が募り…。だけど、「田舎なんて」と言った手前、私から夫と暮らしたいとは言い出せませんでした。

 ある日のこと、山菜採りをしていた夫が、滑落してけがをしたと連絡が入りました。駆けつけてみると、部屋の中は洗濯物やゴミが山積みで散らかり放題! 夫はそんな生活に行き詰まりを感じていたようで、「やっぱりお前がいないとダメだ。一緒に暮らしてほしい」と切なげな顔。「やった」と思いました。

 田舎暮らしは想像以上に大変ですが、以前よりも夫婦の会話が増えましたし、自然に揉まれてたくましくなった夫と、意外と楽しく過ごしています。

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
矢口真里と中村昌也に別居報道 仕事と子供で夫婦関係に亀裂
離婚したことを子供に知られたくないため一緒に住む元夫婦
二世帯住宅で夫と別々に生活する主婦が夫婦円満の秘訣語る

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP