体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ授業に遅れて褒められるの?文化の違いを感じた瞬間

生活・趣味
Erika Anne Nagaoke「世界遺産間近にクルージング」

Erika Anne Nagaoke「世界遺産間近にクルージング

Hi everyone!!TRiPORTライターのErikaです。
シドニーに来て、約半年がたちました。学校、職場、そしてシェアハウスでたくさんの人々と出会うことができています。今では世界のあっちこっちに素敵な友人を持つことができました。全てがいい出会いだと思っていますが、カルチャーショックを受けることも多々あります。

私が出会った中でも印象に残った個性的な人々について、またカルチャーの違いについて紹介したいと思います。今となっては笑える話ですが、当時はとても笑うことはできませんでした。ただショックを受けて立ち尽くすことも…(笑)。楽しみながら読んでいただけると嬉しいです。

食べ物の価値観の違い

私が通っていたインターナショナルスクールでは、様々な国籍の人と出会いました。生徒はフランス、スペイン、ドイツ、チェコ、スイス、コロンビア、ブラジル、メキシコ、中国、台湾、韓国、フィリピンなど様々。授業でお互いの国について話すこともよくありました。その中で特に驚いたのは、コロンビア人が話してくれた文化。なんと、モルモットを食べるそうです! 私が「日本ではたこを踊り食いする」と話したときは、非常にバッシングを食らいましたが、モルモットと比べたらどうなのでしょう…。

Erika Anne Nagaoke「南米コロンビア美男美女とバーベキューパーティー

Erika Anne Nagaoke「南米コロンビア美男美女とバーベキューパーティー

時間に遅れて褒められる

学校の始業時間は8時30分なのですが、その時間に来るのはアジア人だけ(笑)。コロンビアでは30分の遅刻が普通、むしろ30分なら早いほうと言われているとか。コロンビアの友人が30分ほど遅れてきたとき、先生が「コロンビアにしては早い。偉い」と言っていました。

ちなみに日本がすごいと言われたのは電車やバスの公共機関がきちんと時間通りに運行していること。シドニーでは、例えば9時に到着予定のバスが、8時50分に来て、9時になる前に出発してしまうなんてことも! 遅れるのも珍しくはありません。時間通りに出発してくれないので、いつも困っています…。

小さいこと(?)は気にしない

車をぶつけても「Sorry! No Worries(心配要らないよ、大丈夫)」で終わることもありました。もちろん全員がそうではありませんが、その寛容さに衝撃を受けました。

シェアハウスでトラブル

1 2 3次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会