ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

声優・保志総一朗のレギュラー番組卒業に、リスナーから感謝の声が相次ぐ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 声優の保志総一朗が、長年アシスタントを務めていたラジオ番組『林原めぐみのHeartful Station』を卒業し、労をねぎらう声が寄せられ話題になっている。

 保志は番組放送終了回(3月28日)から一足先となった21日放送分をもって卒業した。放送終了後、自身のTwitterで、約16年間出演してきた当番組の関係者やゲスト、リスナーに対し感謝の言葉をツイート。本ツイートは1300を超えるお気に入りとリツイートによって拡散された。

 ネット上では「ほっしーお疲れさまでした;;」「保志さんの名前知ったのはこの番組だったんですよね」「無事に卒業おめでとうございます」「保志さんの卒業回泣いた」など、長年番組において名アシスタントとして活躍し、メインパーソナリティである林原めぐみに負けない人気ぶりがうかがえる。

 『林原めぐみのHeartful Station』は1991年にスタート。『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイや、『名探偵コナン』の灰原哀の声優として知られる林原めぐみがメインパーソナリティを務め、ラジオ関西をキー局に20年以上に渡って、アニラジの長寿番組として人気を博していた。

 最終放送回となった3月28日(ラジオ関西放送日)には、番組のテーマ曲として24年間に渡って使用された林原のファーストシングル『虹色のSneaker』の作詞作曲を担当した、辛島美登里がゲストとして出演した。

 アニラジ界の長寿番組終了に対し、ネット上では「いつかは来ることなんだけど、ホントに寂しい限り…」「青春時代そのものだったのですよー 長い間お疲れ様でした」など、残念がる声も多数上がるなか、24年間の歴史に幕を閉じた。

■関連リンク
宮野真守の「特殊メイク」に驚愕の声
「しばニャン」のイラストに大反響
誤字じゃなかった「イケメソ男子」

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP