ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桜ライトアップが粋で華やか! 「日本橋 桜フェスティバル」に行ってきた・後編

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 東京・日本橋で、お花見気分を味わえる企画「日本橋 桜フェスティバル」が開催中だ。

 前編では、同企画内の展覧会「食べるアート展」を紹介したが、今回は桜色に色づいた街並みや、春のイベントについて紹介する。

 「江戸桜通り」や「日本橋さくら通り」など、桜の名所が存在する日本橋。東京も3月23日に桜の開花宣言が行われ、もうすぐ見ごろを迎えるが、日本橋には一足先に満開を迎えている場所がある。

 それはここ、江戸桜通りに面する「三井本館」「コレド室町1・3」、三井本館に隣接する「日本橋三井タワー」だ。

 18時30分を迎えると、これらの歴史的建造物をはじめとする日本橋のランドマークが、桜色に彩られる「桜ライトアップ」が行われる。
 近づいてよく見ると、外観には桜の模様が映し出されている。この桜は常時うごめいており、桜吹雪を連想させる仕様だ。

 重厚感のある建物が桜色に染まり、道行く人たちもどこか浮き足立って見えた。
 
 桜色の街灯も設置されており、街全体が春一色になっている。
 外壁だけではなく、道路にもうっすら桜のライトアップが。江戸桜通りの一部はソメイヨシノ並木になっており、満開を迎えるタイミングでは桜のライトアップとのコラボレーションが見られるので、一見の価値アリだろう。ライトアップは毎日23時まで行われており、4月12日までの開催である。

 また、こちらの通りにほど近い「仲通り」では、桜の装飾が施された「花見舞台」を眺めることができる。

 桜色の着物を着た外国人が、この桜街道によく似合う。
 短い通りではあるが、福徳神社の参道でもあるため、荘厳な雰囲気を味わえた。

 また、仲通りと浮世小路では3月28日・29日、飲食店が屋台を出店する「夜桜オープンバル」が開催される。開催時間は18時~21時。春の暖かい陽気の中、日本橋の品ある街並みと桜の演出を味わいながら飲食できるので、ぜひ足を運びたい。

 さらに、商業施設「コレド室町1・2・3」「日本橋三井タワー」「コレド日本橋」各館
では、桜やお花見をテーマにしたメニューや限定グッズを販売する「コレド桜 WEEKS」を開催している。

 これは金箔の専門店「箔座 日本橋」(コレド室町1、1階)の「山桜抹茶セット」(税込1,080円)。
 桜をかたどった白あんと丸芋の練切りで、しっとりなめらかな食感と優しい味わいが口いっぱいに広がる。
 このセットを頼めば、茎を焙煎した「加賀棒茶」のサービスが。ほうじ茶のような芳ばしい香りとすっきりとした味わいが、食後にぴったりだ。こちらも4月12日までの限定菓子となる。

 お土産には京和菓子専門店「鶴屋吉信」(コレド室町3、1階)の「花みやび」(税込1,620円)を。
 和三盆入りの紅羊羹を使用した羊羹で、透明部分が寒天、その下が白小豆でできている。味は羊羹そのままなので、桜風味が苦手な人も見た目で春を味わいながら食べられる。

 ほかにも、日本橋界隈の飲食・物販店をお得に回遊できる「ニホンバシ 桜バル2015」や、春仕様にラッピングされた「日本橋桜バス」や「日本橋桜タクシー」の運行など、春を目一杯堪能できるイベントがめじろ押しだ。一度訪れてみてはいかがだろうか?

■関連リンク
桜フェスティバル
椿山荘の「暗闇怪談」に参加してみた
海外で人気沸騰中のパラパラ漫画

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP