ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もうすぐ新年度! 革靴の正しいお手入れ&タブーをチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

もうすぐやってくる新年度。新社会人が街にあふれ、仕事にも新鮮な気持ちで取り組めるこの季節、足元の手入れを怠っていないだろうか。靴がキレイなら、ビジネスパーソンとして印象アップは間違いなし。

そこで今回は、正しい靴のメンテナンスとタブーについてリーガルコーポレーションの梛良さんに伺った。

まず、靴のメンテナンスは何から準備をすれば良いのでしょうか。「用意していただきたいのは、靴用のブラシとシュークリーム、型崩れを防ぐために使われるシューツリーです」

どれも靴の専門店で手に入るものなので、革靴と一緒に購入するのが良さそうだ。では次に、具体的な手順を伺った。「まず、ブラッシングでほこりや汚れを取ってください。次に、シューツリーを靴に装着し、シュークリームを全体にむらなく塗りこみます。そして、もう一度靴の表面をブラッシングして、余分なシュークリームを落とします。最後にクロスで乾拭きして、光沢を出せば基本のお手入れが完了です」

ちなみに、履いた後の靴をそのままにしておくと、型崩れを起こしたり、不自然なしわをつくる原因になるのだそう。

続いて、一般的にやりがちで、実は靴にとって良くないことはあるのだろうか。「お手入れの度にシュークリームを塗り重ねすぎると、革が呼吸できなくなり、ひび割れを起こしてしまうことがあります。シュークリームを塗る前に、シュークリーナー(汚れ落とし)で表面の汚れを落とすことが、革を長持ちさせる秘訣です」

お手入れについて学んだところで、プロから見てきれいにしておくと良い印象を受けるパーツはあるだろうか。「つま先が綺麗だと、全体の印象が良く見えます。革の種類にもよりますが、クリームやクリーナーを終えてからシューポリッシュで部分的な艶出しをして、つま先に光沢を出すのも良いと思います」

最後に、シーズンを終えた女性のブーツの保管方法についても伺った。「通常のお手入れとともに、長期保管の前には何日間かかけ、汗など湿気を蒸発させると良いでしょう。湿気を含んだまま保管するとカビが生えやすくなるので、靴用の乾燥材を入れておくのもおすすめです」

保管場所は風通しがよく、湿気の少ない場所が最適だそうだ。日々のお手入れ次第で寿命がぐっとのびる革靴。お気に入りのものこそ、手をかけて大切に履いていきたい。●取材協力
株式会社リーガルコーポレーション
HP:http://www.regal.co.jp/shoes/
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/03/28/80653/

【住まいに関する関連記事】衣替えはもう終わった? 正しい知識でしっかり衣類を収納しよう!
玄関先でムワッ! 靴から発生する嫌なニオイの取り除き方
ごちゃごちゃ玄関とサヨナラ! 靴の収納を可視化するノウハウ
家庭でも洗える! シーズン後の浴衣のお手入れ方法としまい方
クールビズもそろそろ終了、これから活躍するネクタイの収納法とは

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP