ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

磯丸水産 “まかない食”でも人気!!「鮪テールガーリックステーキ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

チラシ丼の王様“磯丸水産”を訪れた。このたびご紹介するのは、「鮪テールガーリックステーキ」、ニンニクたっぷりマグロのステーキ。

磯丸水産とはどんなお店か

磯丸水産は、関東圏を中心に24時間営業を展開している居酒屋であり、海鮮料理店だ。訪れたのは西新宿1丁目店。新宿のど真ん中に現れた“海の家”を思わせる。女性スタッフは華やかな浴衣風ユニフォームで客をもてなし、男性スタッフは黒いTシャツで仕事に取り組む。港町の夏祭りのようで、お店の元気な雰囲気が素敵だ。

ランチの時間には、さまざまなチラシ丼が魅力だ。

チラシ丼なら、筆者のイチ押しは「バラチラシ丼」895円(税抜)。いつだって大盛りで注文してしまう。磯丸水産のチラシ丼は、しっかりと酢飯が使われている。

「鮪テールガーリックステーキ」がメニューに表れるのはランチタイムが終わった後

とはいえ、このたびご紹介する主役はチラシ丼ではない。「鮪テールガーリックステーキ」だ。

切り盛りする従業員たちの間でも人気の逸品

一人のスタッフさんが、“まかない食の”ルールを、そっと教えてくれた。磯丸水産を切り盛りをするスタッフさんたちはメニューから好きなものを選んで食べてよいらしい。食べたいものを選べるだなんて、なんて素晴らしいのだろう。

スタッフさんたちで支持されているのが「鮪テールガーリックステーキ」、ニンニクたっぷりマグロのステーキなのだという。この逸品はランチタイムのメニューには登場しない。

おしみなく盛られたニンニク

切り盛りをするスタッフの方のお話によれば、意外にも女性に人気なのだという(お話を聞かせてくれたスタッフさんも女性だった)。ご飯は、150円で注文可能。しかし、ご飯はなくても、お腹はいっぱいになるという。

味わいは、甘辛くジューシー。食感は、柔らかな鶏肉に似ている。ジューシーだけど、しつこくない。魚料理とは思えない。

夜のメニュー

 
一日の締めくくりに、ガッツのあるニンニク料理を食べる。「鮪テールガーリックステーキ」がランチタイム以降に登場するのは、理にかなっているのかもしれない。

ご飯を注文しなかったが、ビールを頼んで定番の組み合わせになってしまった。最高でした。

「鮪テールガーリックステーキ」は599円(税抜)。たしかに、これ一品でもお腹がいっぱいになった。仕事帰りにニンニクが載ったマグロのステーキをがっつり食べるのも、良いかもしれない。明日も今日のように元気でいるために。

お店の名前:磯丸水産

公式HP:http://www.isomaru.jp
※料金やメニューは筆者の取材時のもの。最新の情報とは異なる可能性があります。
(写真:すべて筆者)

※この記事はガジェ通ウェブライターの「木村 邦彦」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP