ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次世代を担う原石女優の注目株 土屋太鳳、松岡茉優、杉咲花

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 新たな才能の出現は、ドラマファンにとっても何よりの楽しみだ。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 NHK連続テレビ小説「マッサン」もいよいよ幕を閉じ、来週3月30日から土屋太鳳主演の「まれ」にバトンタッチ。どうにも退屈だった「マッサン」の半年間。単調なエピソードの繰り返し。ずいぶんと長く感じたのは私だけでしょうか。

「国産ウイスキーを生んだ男」というテーマ自体は興味深いものがありました。しかし、最初から「ウイスキーにこだわった主人公が研究を重ねて成功する」と着地点は見えている。そこへ恋話やら失敗談やら、こまごましたエピソードを差し挟んではみるけれどすぐに解決し、また次の話題へと移り深まらない。

 社会との関わりもくっきりとは見えなかった。例えばシベリア抑留の強烈なトラウマすら、本人の中でたちまち解決してしまう。時代を描くのには浅薄すぎた。そして最後は、けなげに尽くしたヒロインがあっけなく病で逝って、涙の大団円。

「鴨居の大将」を演じた堤真一の、強烈な表情ばかりが私の中に残っています。といった辛口意見とは関係なく、視聴率は上々だそうで、制作陣もニコニコでしょう。

 はた、と気付いた。どこまでも予定調和なこの感じ、どこかで見たことがある。良妻賢母、努力は美徳、信じれば成功する、といった凡庸。それは、NHK「朝ドラ」の神髄。

 続く番組「あさイチ」で有働由美子アナが涙を流してみせるのも、何だか昔見たパターン。つまり、従来の「NHK連続テレビ小説」に戻っただけなんだ。

 ここのところ「純と愛」「あまちゃん」「ごちそうさん」と、多少毛色の違うものが続いていただけであって、「マッサン」でまた元サヤに収まったということ。一つだけ新味があったとすれば、ヒロインが「外国人」だったこと。ただし、エリーさんは日本人以上にけなげで夫に尽くし優しく模範的な妻でした。となればなるほど、へそ曲がりとしては次回作に期待したくなる。

 特に、「まれ」で主役を演じる土屋太鳳には注目。演技歴はさほど長くないけれど、2013年放送の「真夜中のパン屋さん」(NHKBS)で、キラリと光る才能を見せていた。

 母に捨てられて、ガラスのような心を持つ女子高生。必死に生きようとする芯の強さ、けなげさと、孤独感と。矛盾を抱えた人物の緊張感が、浮かび上がっていた。

 高校生といえば一番、キラキラと輝いて見える年頃。弾むような明るさと同時に、ふっと横顔をよぎる暗さを、あわせて表現するのはなかなか難しいはず。その演技力に「この若い役者さん、誰?」と驚き、初めて「土屋太鳳」という一風変わった役者名を知ったのでした。まさしく「磨けばさらに輝きそうな原石」。これから半年、その才能を多いに開花して暴れて欲しい。

 もろちん、彼女だけではありません。最近のドラマの中には「磨けばさらに輝く原石」という逸材があちこちに見つかります。

 たとえば、松岡茉優。「問題のあるレストラン」(フジ)では、極度に人間嫌いの引きこもり、という役を演じる一方、まったく同じ時期に放送された「限界集落株式会社」(NHK)では、農村でがんばるエネルギッシュな若者に。

 農村を支えようとする正義感に溢れた鋭い眼光。それが、「問題の~」の中では、絶えずうつむきかげんにフードをかぶり眼光を隠そうという役。まったく違う人物を、鮮やかに演じわける20歳。当初、本当に同じ人が演じているのかと目を疑ったくらい。演技力には幅がありそうです。

 もう一人の注目株が、杉咲花。そう、CookDoのCMでぐっさんを相手に回鍋肉をとりあうあの娘。肉をほおばった時の勝ち誇った表情。目だけですべてを物語る。驚異的な演技力です。

 彼女も2013年のドラマ「夜行観覧車」(TBS)でその存在感を際立たせていました。演じたのは、親に対して荒れまくる反抗期の女子高校生。そのブチキレ具合に鳥肌が立った視聴者、多かったのでは。ほとばしるエネルギーが怖い。あそこまで強烈に、恐怖を与える演技のできる十代の女優って、他にいるでしょうか?

 その杉咲花さんが、明日3月29日に『化石の微笑み』(テレビ朝日)でドラマ初主演を務めるとか。これは見逃せません。

 その他にも、気になる「原石」があちこちに見つかる今のドラマ。眠っている才能が羽ばたく時を待っています。あとはその才能を輝かせるための脚本と演出、ドラマ制作側の手腕にかかっているのではないでしょうか。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
今冬ドラマに「おっさん」増 背景にリアリティー求める傾向
「山口百恵の再来」の声も出る18歳女優・剛力彩芽を接近撮
『まれ』土屋太鳳 撮影現場でお笑い動画マネして共演者と談笑

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP