ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「さいてょ」一軍へ?ネットも応援

DATE:
  • ガジェット通信を≫


3月27日、プロ野球ファンが待ちわびた2015年シーズンが始まる。ここ数年、大谷翔平(日本ハム)や菊池雄星(西武)、松井裕樹(楽天)など、甲子園をにぎわせた怪物ピッチャーがプロでも活躍しているが、斎藤佑樹(日本ハム)も開幕ローテーション入りが濃厚。久々の活躍が期待されている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

斎藤といえば、高校時代に付けられた「ハンカチ王子」というアダ名でおなじみだが、ネットではまったく違ったアダ名で呼ばれている。ネットユーザーから呼ばれるのは「カイエン(ないしはカイエン青山)」「さいてょ」というアダ名。

「カイエン」とは、斎藤がテレビの密着番組に出演した際、移動中に青山を通過した斎藤が、「青山に土地買うってやばいっすか?」「カイエン(※ポルシェの5ドアのスポーツカー)乗りてぇー」と発言し、これが“実力がともなっていないのに…”と揶揄されて付けられたもの。一方の「さいてょ」は、ある試合のテレビ中継で「佑樹 18 SAITHO」と間違って書かれた応援ボードが画面に映り、「SAITHO」をローマ字入力すると「さいてょ」と変換されることに由来する。これらのアダ名はネット上ではすっかり定着しており、略して「てょ」などと表記する“派生形”も誕生している。

これらのアダ名は、基本的には斎藤を小バカにしたもので、特にわずか1試合の登板に終わった2013年あたりから、前述の「カイエン」のエピソードなどとあわせて「ビッグマウス」「落ちぶれた」などとバッシングされていた。

しかし、ネットユーザーたちの気分はうつろいやすいのか、しだいに「逆境に立たされている斎藤を応援したい」というムードが高まってきており、ツイッターでは

「さいてょ今年は頑張れよ。
大谷より俺はお前が好きだからな、甲子園からずっとみてんだぞ、頑張れ」
「さいてょ応援してるからマジ頑張れ」
「斎藤佑樹も五年目か。毎年公のキャンプでさいてょの動画上がったりして今年は体重乗っけていい感じに投げれてるやんとか言ってるのにシーズン始まったらあっ(察し)ってなるけどそんなさいてょを俺は今年も応援します。頑張れ二桁勝利!買おうカイエン!」

などと、揶揄するアダ名であるはずの「てょ」などを使って斎藤を応援する書き込みが多く見られる事態となっている。

「カイエン青山調子いいみたいで嬉しい」
「カイエン青山のフォームよくなってきてるやん」
「さいてょがローテに滑り込んだのが最大のサプライズだろうなぁ…」
「さいてょ良かったんか!!なんだかんだ応援してるから頑張れ!!」

などの書き込みがある通り、3月22日のオープン戦(対ヤクルト)で好投を見せ、斎藤の先発ローテーション入りは濃厚。これまでプロ生活4年間で13勝という数字は、ドラフト1位として何とも寂しい数字だけに、今シーズンの奮起を期待したいものだ。
(R25編集部)

「さいてょ」一軍へ?ネットも応援はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

日本に復帰してほしい選手1位は?
黒田だけじゃない!球界・男気列伝
メッシは1/20万!天才の出現率
山本一郎氏 楽天入りの経緯を解説
下半身イス? カープグッズが凄い

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP