体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅行に行きたいと思ったときに知っておくべきWebサービス5選

cs

Photo credit: Couchsurfing公式HPより

TRiPORTライターのレティです。

旅に出ようと思ったとき、今の時代ならインターネットで検索したり、ガイドブックのページをめくったりするだけでも、ある程度の情報は手に入ります。しかし、現地に住む人の声は、なかなか聞けないのでは? 実は新たな旅に出会えるきっかけになるかもしれない旅人と現地の人をつないでくれる便利なWebサービスがたくさんあります!

①無料で宿泊できる-Couch Surfing

海外旅行にあまり行かない人の中には、「お金さえあれば…」と言う人もいます。確かに、飛行機のチケット、食費、宿泊費、おみやげ代など、海外旅行に行くためにはある程度、お財布と相談する必要があります。お金がなくて旅行に行けない人におすすめなのがCouch Surfing(カウチサーフィン)。これを使うと、タダで宿泊ができるのです。

Couch Surfingはインターネット上の無料国際ホスピタリティ・コミュニティで、海外旅行をする人が現地の人の家に宿泊させてもらうことができます。これは、相互的な思いやりや信頼による制度なのです。Couch Surfingを使えば、旅行費を抑えることができることに加えて、現地ならではの「生活」を見ることもできます。

Couch Surfingの使い方はこちら

②お城にも泊まれる-Airbnb

Couch Surfingの場合は、文字通り「couch」(ソファ)に泊まる場合が多いです。大学生やバックパッカーなら、ただで泊まれるだけでも満足する人が多いかと思います。しかし、社会人・子連れの旅人は、知らない人のソファで寝ることに対して抵抗がある人も少なくないでしょう。

そんな時はAirbnb(エアビーアンドビー‎)を使ってみてはいかがでしょうか? Airbnbは世界各地に住む人が、自分の家・部屋の貸金額を設定し、旅人が宿泊&交流できるサービスを行っており、誰でも利用することができます。宿泊スタイルもシェアルーム・個室・貸し切りから選ぶことができ、値段もピンキリ。自分の都合と財布に合った部屋を借りることができるうえに、その気さえあれば簡単に現地の人と交流することもできます。

また、「最高の一晩を!死ぬまでに一度は泊まってみたいユニークな家5選」にも書いたように、お城や有名な建築家がデザインした家など、かなりユニークな部屋に泊まることもできます。
Airbnbの使い方こちら

スクリーンショット 2015-03-25 19.29.07

Photo credit: Airbnb公式HPより

③世界の家庭料理を食べよう-KitchHike

宿泊はホテルがいいけど、現地の人と交流したいと思う人にはKitchHike(キッチハイク)をオススメします。KitchHikeは、世界中で家庭料理を作る人と食べる人をつなぐ、マッチングコミュニティサイトです。

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。