ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片山さつきや大島優子も 昼寝て夜動くウサギに癒される人々

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 15歳未満の子ども数をペット数が上回るいま、家庭でかわいがられる動物はイヌやネコだけではない。観賞魚やハムスター、小鳥などが注目を集めているが、元AKBの大島優子や片山さつき参議院議員らが「癒される」「うちの家族」とかわいがっているペットは「ウサギ」だ。学校の飼育小屋で飼われているイメージが強いウサギだが、今では、家族の一員になりうる魅力的なペットとして定着した人気がある。

 飼い主になってもうすぐ4年になる40代会社員男性は、小学生の娘が欲しがったのをきっかけにウサギを家に迎えた。

「マンガ『うちの3姉妹』に影響されて、作中で飼っているのと同じウサギを娘が欲しがったのがきっかけです。イヌやネコと違ってウサギはペットになるのかなあと思っていましたが、しばらくして慣れたら足もとにじゃれついてきたり、かわいいですよ。獣の臭いもしないし、餌代も安くて世話が楽です。散歩も試しましたが、爪が割れたりカラスに狙われるので向いてなかったですね。もっぱら室内で運動しています」

 ウサギ専門雑誌『うさぎの時間』編集部の保坂夏子さんも「ウサギはペットとして定着したと思います」という。

「ブームを経てウサギカフェやイベントなどが増え、飼っていなくてもウサギと触れ合える場面が多くなりました。不定期ですが、品評会的なものも行われています。そういった機会を通してウサギがイヌやネコと同じように人になつき、柔らかくて触り心地がよく、ウサギ独特のかわいいしぐさがあることが広まりました。少し前に、ペットとして飼われているウサギは100万羽を超えたという調査もあったんですよ」

 ウサギは鳴かないため、ご近所への騒音を気にせず飼える。ペット禁止のマンションに住みながら、こっそり飼う人も少なくない。成長しても1キロ程度の大きさにしかならない小型の品種、小さな耳がピンと立つネザーランドドワーフや、垂れ耳と大きな瞳が特徴のフォーランドドロップが人気だ。また、ウサギの生活サイクルは忙しい人、不規則な人でも触れ合える機会が多いのも魅力的だ。

「薄明薄暮(はくめいはくぼ)性というのですが、ウサギは昼、寝ていて、夕方から明け方まで活発に動く動物です。夜遅く家に帰る人でも触れ合いやすいペットなので、仕事などで忙しい女性に人気があります。『うさぎの時間』読者も8~9割が女性なんですよ」(前出・保坂さん)

 春から新生活を始めるにあたり、新たにペットを家族に迎えようと考える人もいるだろう。ウサギを迎えるにあたっての注意点としては、かじる習性がある動物なので、コード類をかじって感電しないように配線に気を配ること。SNSなどでウサギ好きどうしがつながりやすいことを生かし、飼うことを家族が増えることとして楽しみたいものだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
福島で生まれた「耳のないウサギ」は埼玉で元気に生きていた
再発繰り返す難治性中耳炎 鼻粘膜再生する治療法開発される
「養殖ウナギはほぼオス」などウナギの謎・保全に迫った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP