ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitter公式! 話題の動画配信アプリ「Periscope」を試したった

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Periscope on the App Store on iTunesより
スマートフォンから動画をリアルタイムで配信できるアプリ「Periscope」がiPhone向けにリリースされ話題を呼んでいます。

これは、アメリカのTwitter社が現地時間の3月26日に公開したもので、モイ社の“ツイキャス”こと「TwitCasting」のように端末からそのまま配信できるという優れもの。

また、視聴者の数や配信時間に制限がなく、Twitterアカウントでログインするだけで、面倒な登録なしに気軽に配信がスタートできてしまうという。

KAI-YOU編集部は、早速このアプリをダウンロードし、実際に配信を行ってみました。

シンプルなインターフェースに、お手軽さも抜群!


Twitterアカウントでログインすると、さまざまなユーザーリストが出てくる。体感的にはここまでに1分もかからなかった

早速テスト配信スタート! 初期設定では外側に向いたカメラになっていますが、スマホの画面をダブルタップすることで、インカメラで自分側を撮影できます。

配信スタートから10秒も経たないうちに他のユーザーがアクセスしてきました。アルファベットで「konnichiwa」。視聴者からは、チャット機能でコメントを送れるほか、画面をタップすることでハートが飛ばせるようです。

どうやら海外ユーザーのよう。配信者からは、チャットで返信する機能は今のところないため、言葉でお返事「ハーイ!

日本人ユーザーもいました。「イケメン」とコメントがきた途端にカメラ写りを意識しだす筆者。

社内を歩き回ってみると「男性多いすね」のコメントが……。KAI-YOU編集部がもっとも気にしている事であるだけに、動揺を隠せないでいると、ユーザーさんはログアウトしてしまいました…。たった5分ほどの配信でしたが、なんと23名の視聴者が遊びに来てくれました。

動画配信に革命か!?

ここまで配信した動画は、配信者と視聴者が配信終了後の24時間再生できるようにアーカイブとしてストックされます。

また、タイトルを設定して配信したり、鍵マークをタップすると、限定されたユーザーにのみ配信可能。配信スタートと同時に告知ツイートをTwitterにポストすることもできます。

非常に使いやすく、気軽な気持ちで配信できるので、動画配信に革命が起きるかもしれません!

引用元

Twitter公式! 話題の動画配信アプリ「Periscope」を試したった

関連記事

ドワンゴ「ニコキャス」わずか5日で終了 「出すのは早すぎた」
インターネットがTVの未来を問う! DOMMUNEが61年間の日本TV史を解析
ソーシャルで興味にあう本が見つかる! アプリ「Stand」がローンチ

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP