ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1回の充電で6週間作動するスマートウォッチ「LIVE」、水に浸けても大丈夫!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Live3AppleやSamsungなどの大手をはじめ、スタートアップや時計メーカーまでもが開発に力を入れているスマートウォッチ。新機能を備えたものが次々に登場し、ブームの兆しを見せている。

各社はデザインや機能面で違いを見せようとしているが、カルフォルニアを拠点とするスタートアップCorosから間もなく登場する「LIVE」は、1回の充電で6週間作動するのが売りのスマートウォッチだ。

・長持ちの鍵は電子ペーパー

いかにバッテリーのもちをよくするかについては各社が改良を重ねている部分。それでもAppleやGoogleのウォッチは1回の充電で数日しかもたない。それらと比べると6週間というのはかなり長もちといえる。

その鍵は、ディスプレイに電気消耗の小さい電子ペーパーを活用していることにある。電子ペーパーなのでモノクロ表示になるが、時間やコール着信などを表示したりするには十分だろう。

また、3気圧防水機能を備え、装着したまま泳いだりシャワーを浴びたりすることができるのもセールスポイントとなっている。

Live2・フィットネストラッカーとしても

その他の機能としては、連携するスマートフォンのノーティフィケーション表示、端末のシャッターコントロールなど。歩数や走行距離、消費カロリーを計測するフィットネストラッカーとしても活用できる。

連携させられるのはiOS7.1、Android4.4以上の端末。市販価格は79ドルを予定しているが、現在Kickstarterで展開中のキャンペーン(4月21日まで)では送料込みで69ドルの出資で入手出来る。

資金調達に成功すれば5月にも発送が始まる見込み。日本にも配送してくれるので「早く入手したい!」という人はサイトをチェックしてほしい。

LIVE/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。