ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

霞が関が今夏に「朝型勤務」導入 業務開始は午前7時半、終了は午後4時15分

DATE:
  • ガジェット通信を≫

霞が関が今夏に「朝型勤務」導入 業務開始は午前7時半、終了は午後4時15分

政府は今年の7月と8月に「朝型勤務」を導入する。午前8時半から9時半となっている国家公務員の勤務開始時間を1、2時間早め、午後4時15分以降には会議を設定しない。2015年3月27日午前の官房長官記者会見でも、閣僚懇談会における安倍首相の以下の発言が紹介された。

「個々人がライフスタイルに合わせて仕事ができるよう、まずは明るい時間が長い夏の間は朝早くから働き始め、夕方には家族などと過ごせることができるように『夏の生活スタイル変革』に取り組む。具体的には『朝型勤務』や『フレックスタイム制』を推進し、この取組みを国全体に浸透させたい」

水曜日は「午後8時までの庁舎の消灯を励行」

このニュースには、ネットで「登庁に1時間かかる人は5時起きか」と同情する声もある。また「これで本当に労働時間は減るのか?」と疑問もあがっている。2時間早く出勤したら2時間早く退庁するのが本来であって、退社時間が変わらないなら「2時間の早出残業」になってしまうというわけだ。

この点についてNHKは「早朝に出勤した職員は原則として定時に退庁」と報じているが、内閣官房が27日午後に公表した「国家公務員における『夏の生活スタイル変革』」では、終業時刻は午後4時15分から午後5時15分とされている。早出した場合には、定時の退庁時間も前倒しされるようだ。

このほか毎週水曜日には原則として午後8時までに庁舎を消灯するなど、時間外労働の抑制が図られる。なお、窓口業務などの「官庁執務時間」(午前8時半から午後5時まで)は変更されない。

政府は同様の取り組みを民間企業にも広げたい意向だが、霞が関のように「前倒し退社」が徹底できず、さらに労働時間が延びるのではという懸念もある。このほか内閣官房の資料には、

「管理職を始め、可能な限り多くの職員にテレワークを経験させる」
「年次休暇・夏季休暇を組み合わせて、1週間以上の連続休暇の取得を促進」

といった項目もあがっている。社員の働き方を見直したい企業には参考になるかもしれない。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。