ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安物カツラ男 強風の日に「ズレそうだから会社を休みたい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 あれ!? あの人、カツラでは…。そんなバレバレな人を街で見かけて、なんとも言えない気持ちになったことはないだろうか。埼玉県に住むパート勤務女性Yさん(57才)の場合は、夫(63才)がバレバレカツラをつけているのだという。Yさんが、夫の涙ぐましい努力の話を暴露する。

 * * *
 うちの夫(63才)、ハゲを気にしてとうとうカツラにしたの。私と店の人は、地毛と見分けのつかないン十万円のをすすめたのに、「こんなものに大金、使えるか!」とすんごい安物を買ったのが間違いの始まり。

 そりゃもう、誰がどう見たってカツラよ。なのに出勤前に、「ミエミエか? バレバレか?」って、うるさいのなんの。

 強風の日は「ズレそうだから会社を休みたい」って、ギリギリまで玄関から出ないし、最近は「会社の女の子が“ズラす”とか言った後で、オレを見て笑う気がする」なんてことまで。

「だから、高い方を買えばよかったじゃん」と言ったら、突然、のっけてたカツラを床に叩きつけたのよ。私はコントの相方じゃありませんっ。

※女性セブン2015年4月9・16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
カツラバレ要注意点 鬼門は眉毛、前髪生え際、後ろ髪のハネ
着脱型カツラの2つの難点 「頭に汗かきズレる」「強風に弱い」
カツラの男性 「新しい帽子だ」と言えば自分も周囲も楽になる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP