ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Interview】機能もルックスも格段にアップ!指輪型デバイス「Ring Zero」を追う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Kickstarter」で旋風を巻き起こし、「世界を変える10のプロダクト(米CNN発表)」にも選出された、指輪型ウェアラブルデバイス「Ring」。その最新モデルとなる、「Ring Zero」の先行予約が開始された。

前モデルから、急激な進化をとげた「Ring ZERO」では、自社開発のジェスチャー認識エンジン「Maestro(マエストロ)」を搭載。ジェスチャー認識率をぐんと向上させるとともに、反応スピードも10倍にアップ。入力がよりスムーズになったほか、常時アクティブモードを採用するなど、さらに使い勝手が良くなっている。

最新版の開発では、ユーザーからのフィードバックが大いに役立ったという、ログバーCEOの吉田 卓郎(よしだ たくろう)氏。次世代ウェアラブルデバイスの産みの親に、気になることを全部聞いてみた。

・ジェスチャー認識率300%アップ!より使いやすくなった新モデル

Q1:まずはさかのぼって、旧世代「Ring」開発のきっかけと経緯から、お聞かせください。

指輪型であれば、常時身に付けられますし、思った瞬間に行動を起こせるからです。また、指という、人間の体の中でも一番表現が自由な個所を選ぶことによって、無限大の表現方法を手に入れたかったというのが、開発の動機です。

Q2:これまでの「Ring」と今回の新製品「Ring Zero」との違いについて、教えてください。

8つの違いがあります。反応速度のアップ、常時アクティブモードの搭載、入力方法の簡易化、つけ心地など色々ですが、特に違うのはジェスチャー認識率の向上です。

ジェスチャー認識エンジン「Maestro」を導入したことにより、従来よりも300%以上精度が向上しました。また、製品自体、従来と比べて半分以下の重量になったため、日常生活においてより使いやすくなっています。カラーも2色から選べます。

Q3:「Ring Zero」の開発で、最も苦労されたのはどんなところでしょうか。

シンプル化することです。ユーザーのフィードバックを得ていくと、私たちが思っていた以上に、「Ring」の使い方が複雑だということが、判明しました。よりシンプルに機能を削って、使いやすくすることに、一番時間がかかりましたね。

・進化した「Ring」を楽しんでほしい

Q4:「Kickstarer」でも話題を呼び、満を持して発売された感がある「Ring」でしたが、ユーザーからの実際の反応はいかがでしょうか。

使い方がわからないという反応が多い反面、とても未来的で毎日のように愛用しているというフィードバックも、いただいております。今後の「Ring」の発展のために、頑張っていきたいと思います。

Q5:昨年は表参道に体験ショップを設けるなど、積極的なプロモーション展開をされていましたが、そういった活動は、今回の新製品でも行われるのでしょうか。

はい。プロモーションは、今後も積極的に行っていくつもりです。

Q6:最後に、「Ring」愛用者とこれから利用するユーザーへ、メッセージをお願いします!

今後も「Ring」は、さらに進化していきます。「Ring ZERO」では、一般的なプレゼンテーションで使えたり、ゲームもできたりと、使用用途もどんどん広がっています。「Ring」を使った魔法の世界を、体験していただければうれしいです!

Ring ZERO

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP