ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

安藤美姫が大満足 会津伝統のお祝い料理「こづゆ」など郷土料理を堪能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月16日放送の「有吉ゼミ」(日本テレビ系、毎週月曜午後7時)で「突撃!総理の晩ごはん」と題して、お笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多大吉さん、漫画家の蛭子能収さん、プロフィギュアスケーターの安藤美姫さんが「会津ふるさと 居酒屋よってがんしょ 銀座店」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は福島県会津若松地方の郷土料理が楽しめる居酒屋で、銀座駅から徒歩4分の所にある。会津伝統のお祝い料理「こづゆ」や名産の会津馬肉を使った「会津桜肉のすき焼き風鍋」などが味わえる「コース料理」がおすすめだ。

 1品目は郷土料理「ニシンの山椒漬」。安藤さんは「おいしい。少量ですごく満たされます」とコメント。「1回干しているからうまみが凝縮している。山椒の独特の風味が締められたお魚と合わさってさっぱりしています」と大吉さんが評した。続いて「こづゆ」を口にすると「上品ですね! ホタテとシイタケからでるだしが、他の野菜の味をまとめてくれていますね」と大吉さんが驚いた。最後に「会津桜肉のすき焼き風鍋」を食した大吉さんは「軟らかい、あっさりしている! 口の中の馬肉の脂身がすっと消えてなくなる」と会津の味を堪能した。

■話題のお店に追加取材■
 会津の10市町村から仕入れた食材や会津の地酒や地ビールが楽しめる「会津ふるさと 居酒屋よってがんしょ 銀座店」。

 番組で紹介されていた「コース料理」では、ほかにもさまざまな会津の名物料理が味わえる。例えば「ニシンの山椒漬」とともに食べられる「棒たら煮」は、乾燥させたタラを水で戻し、しょうゆをベースにしただしで甘く煮たもの。

 ほかにも会津に400年以上前から伝わる伝統的な「三島産会津地鶏」を使った「もも肉の唐揚げ」や「地鶏もも一口焼き」(各799円 税込み)もぜひ食べておきたい。程よい歯応えと甘みとうまみがぎゅっとつまった「三島産会津地鶏」は、一口かむとじゅわっとあふれる肉汁がたまらない食材だ。

 「料理はもちろんなのですが、スタッフも会津出身が多いので、会津が大好きな方はもちろん、会津に行ったことがない方や、会津が地元だという方にも楽しんでいただける店だという自信があります。3月まで会津地酒フェアを行っているのでお酒が好きな方はぜひ会津のお酒を堪能しに来てくださいね」と店長の宇南山(うなやま)さん。

 会津のアンテナショップも併設しており、地酒や菓子だけでなく、あかべこや起き上がり小法師(こぼし)など民芸品まで取りそろえている。会津の地元の味や、活気あふれる会津の雰囲気を味わいに行ってみては。
 
※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:会津ふるさと 居酒屋よってがんしょ 銀座店(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:居酒屋のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×居酒屋のお店一覧
相模湾の魚介&三浦野菜 地元食材にこだわる創作フレンチの名店
コクのある甘さが人気の秘密! 宮古島名産・雪塩を使ったソフトクリーム

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP