ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OCN モバイル ONE即日開通!プリペイドSIM自動販売機設置

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年3月27日、格安なMVNO SIMサービス「OCN モバイル ONE」を手がけるNTTコミュニケーションズは訪日外国人向けの新サービスとして、【「Prepaid SIM for JAPAN」自動販売機】を関西国際空港とAQUA CITY ODAIBA(以下、アクアシティお台場)の2ヶ所に設置しました。
なんと購入後すぐに自動販売機で開通手続きを行うことができ、最短2分で利用開始が可能となります。これは世界初の試み!

以下、仕様です。

※価格は税込(8%)です

設置場所 ●関西国際空港
関西国際空港第一ターミナル 1階
南到着口internet & Telephone コーナー

●アクアシティお台場
アクアシティお台場3階
東京テレポート駅側
インフォメーションカウンター向い
取扱い商品・価格 Prepaid SIM for JAPAN 7日間    3,726円
Prepaid SIM for JAPAN 14日間   5,346円
決済方法 VISA、Master、JCB、
American Express、Diners Club
※クレジット決済のみ
対応言語 英語 中国語

自動販売機で取り扱われるSIMは、OCN モバイル ONEの訪日外国人向けSIMパッケージ「Prepaid SIM for JAPAN」です。決済方式もクレジットカードにつき、日本円に換金を行わずとも商品の購入ができます。
なお、SIMの開通にはパスポートが必要となります。

アクアシティの自動販売機をチェック!

というわけで、設置されたプリペイドSIM自動販売機のうち、アクアシティお台場へ急行!

設置場所は、アクアシティ3Fの東京テレポート駅側。サンマルクカフェとエスカレーターの間にあります。

正面から見ると存在感たっぷり!自動販売機内部にあるLEDGER照明も明るく、商品がとても見やすい状態となっています。自動販売機の右側にあるタッチパネルコンソールを使用して、商品を購入していきます。

タッチパネル上で表示される言語は、英語と中国語です。画面左下にあるアイコンをタップして言語を切り替えるようですね。

購入のフローを見てみましょう。欲しい商品が決まったら、商品をタッチディスプレイから選択します。基本的な購入手順は画面に表示されるので、迷うことなく購入することができます。

ただ、冒頭にもお伝えしたように、訪日外国人向けの機械につき、購入時、開通作業を行うにはパスポートのスキャンが必要です。自動販売機に備え付けられているスキャナーで読み取ります。

取扱い商品は、NTTコミュニケーションズのプリペイドSIM「OCN mobile ONE Prepaid SIM for JAPAN」の7daysと14days以外に、SIMフリースマホの「freetel priori」、さらにSIMフリー・モバイル・Wi-Fiルーターの「AVOX AWR-100TK
」と「Atorm MR03LN」計3種類です。

海外と国内では、受信できる周波数帯に違いがあるため、「端末を持ってきてSIMを挿したけど使えなかった」という問題が起こる可能性もあります。そんな時に「ちゃんと使えるモノ」が手軽に購入できるのは便利ではないでしょうか。

撮影を行った当日、台場では数多くの外国人観光客を見かけ、設置された意味や意義がよく分かりました。
1点注意したいのは、アクアシティ館内にあるため、購入時間はアクアシティの営業時間に依存してしまうということ。少々ハードルは上がりますが、気軽に買えるようになる環境が整うので、周囲の外国人にも教えてあげるといいかもしれません。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP