ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストレスMAX上司の台詞にイラッ

DATE:
  • ガジェット通信を≫


もうすぐ4月。新年度を迎え、人事異動がある企業も多いだろう。新しい環境はワクワクする反面、どんな人事配置になるか不安も…。特に気になるのは直属の上司。良い上司に巡り合えればラッキーだけど、イラッとすることを言う嫌味な上司の下に配属されてしまったら最悪だ。

●これは確かに腹が立つ! 納得の台詞が集結

【もっと大きな画像や図表を見る】

上司の何気ないひと言で、やる気が奮い立つこともあれば、逆にストレスを感じてやる気を失ってしまうこともある。ここでは、ストレスを感じる上司の台詞について、20~50代の男性ビジネスパーソン200人(各世代50人)に、アンケート調査(R25調べ)を実施。嫌な上司が言いそうな言葉のなかから、最もストレスを感じるもの3つを選んでもらった。集計結果から、上位に選ばれた5つは以下の通り。あなたが言われたことのあるひと言は、入っている?

1位 「俺そんなこと言った?」…31.0%
2位 「そんなことも知らないの?」…23.0%
3位 「言っていることわかる?」…19.5%
4位 「そんなの常識だろ」…18.0%
5位 「やる気あるの?」…17.5%

1位になったのは「俺そんなこと言った?」という、いわゆる“梯子外し”。世代別にみても、20~40代の各世代にわたって1位を獲得。この項目を選んだ人たちの理由をみると、「発言には責任をもってほしい」(29歳)、「都合の悪いことはなかったことにされる」(36歳)、「明日までに書類を作成と言ったのに…」(44歳)など、コロコロと意見を変える上司にほとほとウンザリしている意見が多数。指示通りに仕事を進めた挙句、このひと言は確かにキツイ。反論しようにも、「言った・言わない」の水掛け論になりやすいため、我慢してしまいがち。これがまた、さらなるストレスに…。

2位以下は、部下の能力を見下すような態度への苛立ちの声が目立つ。2位の「そんなことも知らないの?」は、世代別にみると20代に多かった。当の本人にとっては常識であるような言いぶりだが、「教えられていない」(25歳)という意見に代表されるように、そもそも上司が教えていないという悲しいケースもありそうだ。また、4位の「そんなの常識だろ?」も似た様なニュアンスの言葉だが、やはり部下の立場にも配慮して言葉を選んでほしいのが本音だろう。

3位の「言っていることわかる?」には全世代からまんべんなく票が集まった。「馬鹿にされた気分」(39歳)、「お前に言われたくない」(55歳)と、上から目線の言葉にイラッとする人が多い様子。一方、特に20代から多く挙ったのは、5位の「やる気あるの?」という言葉。「自分なりに一生懸命やっても見てくれてないんだなと思う」(24歳)、「自分はどうなんだ?」(45歳)など、上司とのすれ違いにイラつくというコメントが多く、なかには「やる気があるかないかは仕事の成果に関係ないから」(28歳)というドライな意見も。

上司には上司なりの理由があって口にしているのかもしれないが、やはり、そのひと言にイラッとしている部下は多いようだ。ストレスの多い環境とはいえ、イライラしながら仕事をすれば、効率が低下してしまいがち。そんな世相を反映してか、ビジネスパーソンを応援するアイテムも登場している。

先日リニューアル発売した、ヤクルトの「BF-1」という乳酸菌飲料は、胃で働くB.ビフィダムY株というビフィズス菌を配合。開発時において、37名に4週間B.ビフィダムY株を含む飲料の飲用試験を実施したところ、ストレスによって上昇する唾液中コルチゾールの低下が見られたのだと報告されている。2008年に発売されて以来、20~30代のオフィスワーカー世代を中心に支持を得ているこの商品。3月23日(月)に商品パッケージとともに、味わいもリニューアル。ヨーグルト風味でさらに飲みやすく、おいしくなった。休憩時間にみんなで飲めば、上司とも良好な関係に…。いつもの小言が減る、なんてこともあるかもしれない。
(R25編集部)

ストレスMAX上司の台詞にイラッはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

どちらの上司にイラッ?究極の選択
やってない?イライラ行為TOP5
ストレス相関にみる職場の人間関係
僕らのストレス白書
30歳で結婚退職=2億円の損失?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP